退職前に有給休暇の消化はできないの?

あまりにも酷い職場だからという理由で、退職したいという方もいるのですが、人手不足のためかトラブルも増えていて、相談が寄せられます。

退職前に有給休暇の消化をしようと思ったら、いろいろ理由を付けられて断られました。

有給休暇とは

有給休暇(年次有給休暇・有休)は、取得しても賃金が減額されない休暇で、労働基準法で定められている労働者の権利です。
会社で決められているとか、会社の規模で変わるとか、業界で変わるとか、そういうルールはありません。
もし、会社の上司が何か言ったら、目の前にいる人は、ただの嘘つきです。そんな上司の言い分を信じる必要はありません。粛々と手続きを進めましょう。

使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

労働基準法39条

なお、次の2つの要件を満たせば、年次有給休暇が付与されます。

  • 雇い入れの日から6か月経過している。
  • その期間の全労働日の8割以上出勤した。

この要件を満たした労働者は、フルタイムの場合10労働日の年次有給休暇が付与され、パートタイマーの場合は日数が比例付与されます。

時季指定権を使う

いつ有給休暇の取得するかは、労働者が指定します。これを時季指定権といいます。まず、上司に対して「○月○日に有給休暇を取ります」と届けましょう。
会社側の承認は不要です。

なお、有給休暇の利用目的は、法律上決められていません。これは、有給休暇をどのように利用するかは、使用者とは関係なく、労働者の自由だからです。

退職前の勤務日の日数と残りの有給休暇の日数を確認

退職を予定していても在職中であれば有給休暇の時季を指定して「消化」する権利が、当然あります。
このとき、会社側には、時季を変更する権利がわずかにありますが、あくまで別の勤務日に振り替えするだけです。
これも当然ですが、退職予定日以後、勤務していない日に時季変更することはできません。
「急に言われてもダメ」「引き継ぎをしないからダメ」という理由で有給休暇を消化させないことは違法です。

とにかく休む 職場に行かない

上司がなんと言っても、有給休暇を取得する旨が上司に伝われば、有給休暇を取得できます。
「休ませない」とかいろいろ脅してくる上司もいるかもしれませんが、そんな職場に行く必要はありません。

ユニオンに加入して解決する方法も

ちゃんと有給休暇を取って休んだときに、会社が嫌がらせをしてくる可能性があります。
たとえば、賃金を払わない、有給休暇を取得した日の分の賃金を払わない、もともと勤務日でない日に欠勤したと難癖を付けて減給するなどです。
労働基準法に違反しているのであれば、労働基準監督署へ行って、申告する方法があります。
労働基準監督署から会社を指導してもらってください。

ただし、労働基準法に違反しているのかどうかよくわからないとか、労働基準監督署をどう利用したらいいかわからないというような場合は、地域にあるユニオンに加入して解決しましょう。にいがた青年ユニオンもそんな労働組合の一つです。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 退職前に有給休暇の消化はできないの?

退職前に有給休暇の消化はできないの?

勤務日に対して時季指定すればいいだけです

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!