長時間労働がつらいから退職したい

こんなご相談です。

正社員として入社しましたが、長時間労働がつらくて体調も崩したので、会社を辞めようかと考えています。
退職後は、社会保険の入れるぐらいのパートをと思っていました。
退職について店長に相談したのですが、「社会人として責任がない」と言われています。
どうしたらいいでしょうか。

長時間労働が原因

長時間労働が社会的な問題となっています。
当然です。
労働者を過労死させたり、精神的な病気にさせて働けなくしたりします。

長時間労働を規制すべきだとして「働き方改革」が重要だと言っていましたが、議論もせずにいつのまにか衆議院が解散。
政権にとっては、ぜんぜん重要ではなかったようです。
ちなみに、前々から提出されていた残業代ゼロ法案は審議されることなく廃案になりましたが、選挙後には改めて、働き方改革関連法案で提出されると思われます。

さて、今回の相談者の場合、そもそもの問題は、長時間労働にあります。
普通であれば、この会社を去るという方法だけしか思いつきませんが、これを何とかすればいいわけです。

にいがた青年ユニオンに加入して、会社と交渉すれば、長時間労働は是正できます。
とりあえずのしばりは、36協定を守らせることと残業代をちゃんと払わせること、健康管理をきちんと行わせることの3点です。

長時間労働をやめることは労使双方にとってプラス

労働者にとって、長時間労働は家族生活の時間を短くします。
場合によっては睡眠時間も短くします。
結果として、自分自身の生活全部が壊れてしまいます。

残業代を稼いで生活費にしているという場合は、そもそも基本給が低すぎなのです。
そういう会社には、新しい人が入ってきませんから、このままでは先がありません。

会社にとっても危険な状態だと気がついた方がいいでしょう。
労働時間の長い人を抱えるということは、少ない人手で運営しているということです。
その人がやめれば損失が大きくなります。

労働組合で時間短縮

とはいっても、会社にとっては当面、新しい人を雇うより、今いる人に残業させた方が安上がり。
そうそう簡単には直せません。
だからこそ、労働組合です。
にいがた青年ユニオンに加入してください。

ちなみに、会社の中に労働組合があっても、なくてもかまいません。
あなたが社内組合に入ったままでもかまいません。
にいがた青年ユニオンに加入することができます。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 長時間労働がつらいから退職したい

長時間労働がつらいから退職したい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!