飲み会が絶対に強制参加っておかしくない?

いまどきこういう会社もあるのかなというご相談です。

上司からほぼ毎日のように無理に飲みに誘われます。とても断れる雰囲気ではありません。私も含めて部下は必ず行かなくてはならないような感じになっています。家族との時間を大切にしたいのに、これってどうなんでしょうか。

強制参加なら業務であり残業代を支払ってもらわなければならない

業務終了後、上司が飲みに連れて行くことが常態化してしまっていて、部下が断れない状態になっているようです。
そうなってしまうと、業務の延長線上にあるので、飲み会といえども業務です。

仮に、人間関係を円滑にするために誘っただけと上司が言えば、それは業務の延長線上にあると言ってしまったのと同じです。
業務である以上、残業代を支払ってもらう話になります。

任意参加だと言い張っても事実上強制なら業務

断らなかった部下の方が悪いと言い逃れようとするかもしれません。
しかし、事実上、誰もが断れないような雰囲気を作り出し、誰もがそれを嫌だと思っているのに、それに気がつかない上司は、その時点で空気を読めない人なので、上司としての適格性を欠いています。

上司は、それだけの気遣いができなくてはなりません。
そうとも知らず、独りよがりの行動を取ってしまった責任は、やはり上司にとってもらうしかありません。
事実上強制参加だった飲み会は、上司が命じた業務に当たります。

無理な飲み会の誘いはパワハラにも当たる

一気飲みは絶対にダメというのは、そろそろ浸透してきたでしょうか。
自家用車を運転する人にアルコールを飲ませてはいけないことも、すでに常識ですし、守らなければお酒を勧めた人も道路交通法違反です。

業務から開放された後、一緒に飲みに行くことはあるかもしれません。
しかし、それはお互いの家族生活があり、それを尊重した上でのつきあいでなければいけません。

無理に飲み会に誘う上司の行動は、パワーハラスメントに当たる可能性が出てきます。

会社としても対処すべき

そんなおかしな上司がいるところで、部下たちは日々憂鬱な職場生活を送ることは容易に想像できます。
終業時刻が近づくたびに、ああ、またかと思うわけです。

空気読めない系上司なのかもしれません。
さみしがり屋上司かもしれません。
ただの飲んべえかもしれません。

いずれにしても、それは個人の性格であって、組織人としての行動原理ではありません。
労働者の働きやすい環境を作ることも、上司の仕事です。
会社にも働きかけて、その上司の行動を改めるように行動した方がいいでしょう。


たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 飲み会が絶対に強制参加っておかしくない?

飲み会が絶対に強制参加っておかしくない?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!