3月末で辞めさせるから退職届を出せと

年度末が近づいてきました。
この時期に多くなる相談です。

3月末で契約更新しないと言われました。そのとき、さんざん退職届を出せと言ってくるのです。どうしたらよいのでしょうか。

まず契約書を確認しよう

契約書か労働条件通知書はあるでしょうか。確認してみましょう。
更新の有無についてや退職に関して、どう書いてあるでしょうか。

有期契約の場合、たいてい「更新の可能性がある」か「更新はしない」と書いてあるでしょう。
また、退職に関しては、「30日前までに通知する」と書かれているのではないでしょうか。

つまり、3月末までの契約期間の場合、2月下旬に契約更新しないと通知されることになります。

退職届は出す必要がない

ところで、あなたの意思にかかわらず、会社側が「契約更新をしない」と言ってきているのです。
退職届は必要ありませんね。

退職届とは、「何月何日付で退職します」と労働者側が会社側に対して通知するものです。
これを提出してしまうと、自発的に会社を辞めたことになり、退職後の雇用保険の扱いに対して不利に働きます。
絶対に書かないでください。

なお、有期契約だからと言って、何でもかんでも雇い止めができるわけではありません。
ケースによっては、「雇い止め法理」から考えて、雇い止め無効と判断されるケースもあります。

ムリに退職届を書かせようとしてきたら

退職強要のようなケースも発生しがちです。

  • 長い時間にわたる。
  • 繰り返し説教する。
  • 脅迫じみた言い方や動作をする。

人権侵害も甚だしいケースもありますが、こうした場合は録音もしくは記録をしましょう。
返事をする必要はありません。黙っていてください。
どうしても返事をするのなら「家に帰って考えます」「大事なことは家族と相談します」と言ってください。

スマートフォンの録音機能はなかなかのものです。
あまりにひどいのであれば、にいがた青年ユニオンのような労働組合に入り、交渉し、そのときの会社側の音声はYoutubeにアップロードしても良いでしょう。

労働者だからと言っても、奴隷ではないのです。
尊厳を守るために、たたかうことができるのです。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform 3月末で辞めさせるから退職届を出せと

3月末で辞めさせるから退職届を出せと

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!