御用組合にお困りの方へ!ユニオンショップと労働組合 | にいがた青年ユニオン

御用組合にお困りの方へ

社内に御用組合があって、労働条件の向上を妨げる場合があります。ユニオンショップ協定があり、脱退することも難しくさせられています。


御用組合があるときの対処法についてご紹介します。

問い合わせる
  • ユニオンショップ協定とは。
  • 御用組合とは。
  • 御用組合から脱退する方法があります。

ユニオンショップ協定を結び、会社の言いなりで働く者の利益を考えない御用組合があるために、被害を受ける労働者は少なくありません。

ユニオンショップ協定とは

ユニオンショップ協定とは、会社が労働者を雇用する場合、採用された労働者は必ず労働組合に加入しなければならず、労働組合を脱退又は除名された者については、会社はその労働者を解雇しなければならないとする協定のことです。 本来は、会社側からの組合員の脱退工作や組合活動に対する支配を未然に防ぐことを目的としていますが、御用組合がユニオンショップ協定を結ぶと、労働者が会社と利害の対立する要求が出せなくなります。

御用組合とは

本来、労働組合は労働者のための自主的な組織ですが、会社側が間接的な介入を行い、労働組合の実権を握っている労働組合を御用組合といいます。 直接の支配介入は労働組合法で禁止されているため、組合幹部に出世を約束するといった手法が採られます。御用組合の場合は、労働組合役員が管理職になって労働組合を抜けて出世したり、係長クラスが組合の執行役員になっているような完全に会社の職階制と一致する場合もあります。

形だけ労働組合でも、実質的に経営側の利益に立つ「第二人事部」のような御用組合は、労働者が本当に求める要求は消えてしまいます。しかも、この御用組合がユニオンショップ協定を結ぶとやっかいです。少しでも会社に不満を持つ労働者がいると、その労働者を御用組合が除名することで、会社がその労働者を解雇できるようにするのです。

御用組合に対抗する勢力を作ろう

組合費が高額な場合もありますが、天引きされる場合が多く、必ず取られていきます。これでは、まるで自分の首を絞めているようなものです。

活動することがなく、組合費が少額のケースもあります。そうした御用組合は、懇親会だけ行います。これでは、ただのサークル活動です。

御用組合を牛耳っているのは、自らの地位に目がくらんだ役員たちです。その人たちの力をそいでしまえばよいのです。立身出世のために労働組合を私物化している人に対して正義の旗を掲げましょう。多数派を形成することを最終目標として、まずは手始めに組合員の中で信頼のおける数人の味方グループを作りましょう。

それがダメでもあきらめる必要はありません。ユニオンショップ協定があったとしても、他の労働組合の組合員を解雇することはできません。手続きさえきちんと行えば、解雇されることなく御用組合からの脱退は可能です。

ユニオンショップ協定を締結している労働組合から脱退するには

あなたの意思で、ユニオンショップ協定を締結している労働組合から脱退したいというときは、その組合を脱退すると同時に、別の組合に加入するか、新たな労働組合を結成します。そうすれば、そのユニオンショップ協定の効力が及ばなくなります。

たとえば、にいがた青年ユニオンに加入手続きを取り、その後に、御用組合へ脱退手続きを取ります。もし、労働組合員である証明を会社から求められた場合は、にいがた青年ユニオンから証明書を発行します。

労働組合づくりに失敗しないために

御用組合から抜けて、新しい労働組合をつくりたいと考えたとき、こんなことをすると、労働組合づくりに失敗します:

  • 上司に、事前に組合をつくると通告する。
  • 全員のメンバーの意見一致で組合をつくる。
  • 事が重大になってから労働組合をつくる。

労働組合をつくるときは、有志でかまわないので、まず、つくることが肝心です。職場での問題が重大になる以前に、ゆとりを持ってつくりましょう。

みんなで取り組めるようにルールを作ろう

ある人はこうしたいと思っても、別の人は違うことを思うことは、当然です。それは組合員の間でも同じです。そこで、労働組合の運用には、一定のルールが必要です。たとえば、年1回の総会を開くといったものです。

それと同時に、「経済活動の自由」に対する対抗勢力である以上、ここにも一定のルールを必要とします。たとえば、ストライキを行うためには、無記名投票で決議を取るといった手続きです。

このようなルールは、労働組合法をもとにして作成します。最初は、なかなか慣れないかもしれませんが、他の労働組合の規約や労働相談センターなどで掲載しているひな形を参考にしてみてください。


にいがた青年ユニオンをフォローする

こちらの記事もいかがですか?