シフトに入れないからクビ!?それ不当解雇

パートタイム労働者やアルバイトからの相談で、似たようなケースは、ままあります。

店長から「○日シフトに入れない?」と聞いてきました。突然のことで都合がつかないと言うと「だったら、もう来なくていいです」と言われ、クビになりました。これは不当解雇ではないでしょうか。

解雇は簡単にはできない

シフトに入れないといった途端、嫌がらせをする店長のケースは、これにとどまらず、シフトを減らして収入を減少させるなどの嫌がらせをするケースもあります。今回は、もっと直接的にクビにするというものです。

解雇は簡単にはできません。

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

労働契約法16条

シフトに入れないから解雇というのは、客観的に見て合理的な理由ではありません。

もちろん、就業規則や労働契約に照らしても、このような理由が解雇理由になるとは考えられません。

今回のケースは、不当解雇です。

不当解雇に対してどうするか

労働問題の解決をはかりたいとき、労働基準監督署を思い浮かべる人も多いと思います。

しかし、今回は労働契約法に関する問題なので、労働基準監督署はあまり役に立ちそうにありません(解雇予告の手続きに関しては労働基準法に定めがあるので、適切に予告があったか、予告がなければ予告手当を支払ったかについては労基署に申告する方法があります)。

そこで、労働組合か弁護士に相談しましょう。

労働組合の場合は、会社に労働組合があるとは考えにくいので、地域にある労働組合(ユニオン)に相談することになります。地域名とユニオンを組み合わせて検索してみてください。いくつかのユニオンが出てくるので、どれか好きなものを選びましょう。

労働組合に加入すると、会社と団体交渉することができます。

いままでは、店長と部下という上下の個人的な関係でした。しかし、労働組合が団体交渉を申し込むと、会社と労働組合という対等な団体間の交渉になります。会社は、この交渉を断ることができません。

また、会社の主張に道理がないと感じれば、宣伝などの団体行動を行うことができます。個人でやれば訴えられかねませんが、労働組合なら刑事的にも民事的にも免責されます。

それだけ労働組合は大きな力を持っています。

にいがた青年ユニオンも、こうしたユニオンの一つです。私たちの場合は、みんなが自分の職場を持ちながら活動している労働組合で、専従者がいないかわりに、感性はみなさんに近いのではないでしょうか。まずはご相談ください。

お問い合わせ

シフトに入れないからクビ!?それ不当解雇

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できる。

相談する
最新情報をチェックしよう!