妻がパワハラを受けて会社を辞めた

こんなご相談です。

妻が会社でパワハラを受けて、ついに辞めてしまいました。どうしたらよかったのでしょうか。

何をどう支えられたのか

職場のトラブルに直面したときは、健康>生活>仕事の順番で考えてみてください。

まず、健康面ではどうでしょうか。身体的な症状となって表れていないでしょうか。具体的には、ふさぎ込んでいないか、眠れているか、食事が取れていないかなどです。

もし、そうした身体的な症状が出ていたら、「一緒に病院に行ってみない?」と誘ってみてください。

最近は精神科や心療内科のハードルは低くなりましたが、それでもまだ一人で悩むケースもあります。

次に、生活です。パワハラ職場から退職して、すっきりすることもあります。そうしたときは、次の職場を見つけることもいいでしょう。新しい職場に慣れて収入が得られるようになるまで、少し時間はかかりますが、それも一つの選択肢です。

ただ、中にはトラウマになって、たとえば職場でミスをするたびになおいっそう緊張してしまって、新しい職場でもうまくいかないということもあります。

収入が家計を支えているわけですから、安定的な職場であるほどいいのですが、場合によっては、少し仕事から距離を置くのもありです。

最後に仕事です。そもそも、パワハラが横行する職場は変です。こちらに非はまったくありません。そこで、労働組合に加入して、解決に当たることが考えられます。労働組合が会社になくても、地域に労働組合はあります。地域名とユニオンを検索してみてください。

一緒に行動すると心強い

そして、一緒に相談してみましょう。解決方法はさまざまです。家族として怒りも当然わいてくるでしょうし、この先どうしたらいいだろうと悩みもするでしょう。

わからないことだらけなので不安なのは当然です。そういうときだからこそ、一緒に行動しましょう。

まずは順番通り、課題を解いてみてください。必ず解決できるはずです。

お問い合わせ

妻がパワハラを受けて会社を辞めた

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できるが、労働組合に関わってこなかった新しい感性を発揮してくれることを望んでいる。

相談する
最新情報をチェックしよう!