試用期間で更新しないと言われたら

試用期間が終わる直前に「仕事の覚えが悪いから更新しない」と言われて、困ったことはないでしょうか。

試用期間でも雇用契約の期間中

試用期間といえども雇用契約です。雇用契約である以上、解雇は制限されます。

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

労働契約法16条

したがって、2つの理由が必要です。

まず、客観的に見て、合理的な理由が認められるかです。「仕事の覚えが悪い」と言われていますが、それが客観的でしょうか。仕事の覚えが悪いというのは、裏返せば、仕事の教え方が悪いともいえます。もちろん、他の理由も含めて考える必要があります。たとえば、何度注意しても、遅刻をしてくる、無断毛金をしてくるというような場合は、確かに問題になります。

次に、社会通念上相当かどうかです。軽微なミスであれば、注意する程度で済むはずです。もうちょっと重くなると、減給、出勤停止などの方法もあります。そうした程度を飛び越えて、解雇に相当するかどうかです。「仕事の覚えが悪い」というのは、これだけでは、相当なものだとは言えません。

泣き寝入りせず争うことが大切

とはいっても、この問題は、誰かが勝手に解決してくれません。そんなことを言われて、気まずいし辞めてもいいかな、今のうちなら転職できるかなと考えるのもわかります。

でも、それでいいのでしょうか。

次も同じことが起きる可能性はあります。

結論はどうなるかわかりませんが、ちょっと踏みとどまってみてはどうでしょうか。にいがた青年ユニオンのような地域ごとに作られている労働組合があります。そうしたところに相談してみましょう。

お問い合わせ

試用期間で更新しないと言われたら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!