• にいがた青年ユニオンの加入に関してご案内します。
I am UNION and I'm PROUD. Unite here. にいがた青年ユニオン
  • 職場の問題を解決したい

    職場でトラブルが発生する場合はもちろん、働く環境をよりよくしたいときも。
  • ユニオンに相談・加入

    職場の問題は、ユニオンに相談します。ユニオンに加入して、何が問題で、職場はうまくいっていないのか考えることができます。
  • 加入通告と団体交渉の申し入れ

    会社に対してユニオンに加入したことを通告し、団体交渉の申し入れを行います。
  • 不当労働行為の発生、争議なども

    時に、会社が不当労働行為を働くこともあります。また、話し合いを有利にするために争議行為を行うこともあります。
  • 団体交渉、そして解決

    団体交渉を行い、問題を解決します。
  • 公平な労使関係づくり

    引き続き、職場の問題を解決し、職場に公平な労使関係をつくります。

労働組合とは

労働組合は、働く人どうしが助け合う組織です。自分たちの力で運営し、労働条件を守ったり、よくしたりするための活動を行います。

労働組合というと、「**会社労働組合」のような、会社ごとにつくられる企業別組合が主流です。しかし、企業別組合は、会社がつぶれると労働組合の存在基盤が崩れるため、会社の利益に配慮する傾向があります。また、正社員しか加入できない組合も多かったり、中小零細企業にはそもそも労働組合がなかったりするため、いまは、日本の多くの労働者が労働組合に入っていません。

そこで、会社に労働組合がない人も、どんな雇用形態の人でも加入できる個人加盟の労働組合がつくられています。にいがた青年ユニオンもその一つです。

雇われる人は、ひとりでは立場的に弱いので、雇い主から不当な扱いをされがちです。そのため、雇われる労働者は、バラバラではなく、みんなで集まって経営者に立ち向かってよいということになっています。つまり、憲法28条の団結権です。

勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

労働組合だからこそ、こんなにできることがあります

労働者が労働組合に加入すると、団体交渉権を使って、労働組合が会社と団体交渉をすることができます。会社側は正当な理由なく拒否することができません。たとえば、解雇された人が、一人でもユニオンに加入して会社に交渉を申し入れた場合でも、会社には団体交渉に応じる義務が生じます。

団体交渉の申し入れを拒否すると、不当労働行為と呼ばれ、法律違反になります。つまり、労働組合に加入すれば、労働条件に関する話し合いは、強制力を持って実行されることになります。

団体交渉においては、できるだけ双方が理を尽くし、話し合いによる解決を目指します。

しかし、話し合いを有利にするために、必要に応じて労働組合は争議行為や大衆行動を行います。

ストライキやビラまきなどがそれにあたります。目的や手段が正しければ、労働組合が争議行為をしても、刑事上、民事上の責任は問われません。

弁護士とユニオンどっちがお得?比較してみた

このようなお問い合わせです。 会社とのトラブルについて弁護士に相談中です。 労働組合で解決するのと、どちらが手っ取り早いでしょうか。

ゆにぶろ - にいがた青年ユニオン公式ブログ

加入資格についてご確認ください

  1. 労働組合法第2条第1号(役員や監督的な地位にある労働者、秘書など)に該当しない労働者であること。
  2. 賃金や給料などの収入によって生活している人であること。失業中の人や、場合によりますが、個人事業主を含む場合もあります。
  3. にいがた青年ユニオンの目的を理解して、規約に則った行動をすること。
会社経営者、それと一体的な立場にある人は加入できません。不明なときは、お問い合わせください。

加入申込み

新潟県外の方へ

にいがた青年ユニオンの本部は、新潟県にありますが、新潟県外にすむ組合員も加入しています。 日常の交流には、FacebookなどのSNSを活用したり、会議にはSkypeのようなネット通信を利用します。

加入に当たって

にいがた青年ユニオンは、労働組合です。正社員でも給料が低い、パートで収入が少ない、派遣でいつまで働けるかわからない、職場でいじめられる、個人事業主扱いされる、失業していて生活が苦しいなど、労働者なら、どこの誰でも加入できます。

にいがた青年ユニオンで、生活や仕事の不安を共有し、人間としての尊厳を取り戻して、経済的にも文化的にも豊かな生活を目指しましょう。

費用はどうなるの?  組合費

にいがた青年ユニオンは、どこかから補助金をもらっているわけではありません。一人ひとりの収入に応じて積み立てる組合費で運営しています。

行政機関ではなく自主組織ですから、「町内会」のようなものです。また、組合費は、弁護士等に支払う「報酬」とは異なり、サービスの対価ではありません。あなたの生活費の中から支払っていく組合費ですから、その支払い方法、金額について、きちんと理解してください。

組合費の納入とその使われ方

守るべきモノは?  ルール

にいがた青年ユニオンを一人ひとりが主体的に運営します。そのためには、お互いに協力し、各自の果たす役割があります。

「権利と義務」というと難しく感じますが、自分たちで自主的に運営している組織ですから、お互いに協力しながら運営しています。

  • にいがた青年ユニオンの運営は、あなたも関わることができます。(権利)
  • にいがた青年ユニオンの運営のために、あなたのできることを行ってください。(義務)

詳細は、規約をご覧ください。

何かできるようになるの?  運動と学習

私たちは、労働者の権利をほとんど学ばずに社会に出ています。また、学んだとしても、どのように活用すればよいのかわからないままです。にいがた青年ユニオンの組合員は、学習し、それを実際に行動して体験します。こちらに学習資料の一部を掲載します。

脱退について

脱退は自由です。脱退したい場合は、必ずメール、ファックス、電話などでご連絡ください。ただし、それまでに納入いただいた組合費は、お戻しできませんのでご了承ください。

加入申込書ダウンロードとお問い合わせ

加入申込書に必要事項を記入して、最寄りの事務所までご連絡ください。また、加入前にご不明な点について、遠慮なくお問い合わせフォームからご質問ください。

加入申込書ダウンロード事務所連絡先

お問い合わせフォーム

個人情報の取り扱いの基本的な考え方プライバシーポリシー