失業して食べるものもないどうしたら

蓄えのない世帯が増えています。そのような世帯が、失業すると大変なことになります。

失業しました。食べる物すら買えません。どうしたらいいでしょうか。

生活保護を利用しよう

仕事を失って食べる物すら買えない状態なら、貸付制度などを期待するのではなく、生活保護の利用を考えてください。

その状態に至るまでに、いろいろな道をたどってきていると思います。

借金、ローンがある

生活の足しに少額のローンをしていることがあります。これ以上ローンを増やしても、返すあてはそうそうない金額になっているはずです。

親戚や友人に借りているケースもあるでしょう。そうした場合は、返済を待ってもらいましょう。

公共料金を払っていない

公共料金の滞納があるかもしれません。いきなり止められたりしないかもしれませんが、止まれば命の危険があるケースもあります。

税金や健康保険料を払っていない

納めるべき税金や国民健康保険料を払っていないケースがあります。場合によっては保険証が手元になかったりもします。とても危険な状態です。

住宅や自家用車がある

住宅がある、または、自家用車があると生活保護を利用することができないという誤解があります。

食べる物すらない世帯です。住宅があったり自家用車があったりしても、食べる物すら買えないのですから生活保護を利用できます。不動産の処理についてはその後考えましょう。また、自家用車を保有することが自立に繋がる(仕事を見つけて通えるようになる)のであれば、保有を認められます。

生活保護を積極的に活用しよう

生活保護を利用することに気が引ける人がたくさんいます。しかし、生活保護は生活を支えると同時に、自立を手助けしてくれる制度です。苦しい生活を続けるよりは、早く自立できます。

生活保護を積極的に利用しましょう。

お問い合わせ

失業して食べるものもないどうしたら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオンとレインボーユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できることから、2020年に「レインボーユニオン」に改名。にいがた青年ユニオンは、レインボーユニオンの新潟県支部になる。

相談する
最新情報をチェックしよう!