不当な内定取消しを受けたときの対処

内定取消しは、会社から卒業を条件として雇い入れることを約束されたのに、会社側からこれを一方的に取り消すことを言います。

内定者が他の企業からの誘いをすべて断ってしまったあとで、突然内定取消しにあえば、どうしていいか分からなくなるでしょう。

採用内定とは

労働者が使用者に採用される過程は、使用者が募集して、次に、労働者になりたい人が応募して、使用者が採用の内定をします。この状態で、労働契約が成立します。

新卒採用の場合、通常の労働契約と異なり、使用者と学生の間で「卒業を条件として雇い入れる」というような労働契約が結ばれます。これを始期付解約権留保付労働契約と呼びます。

会社が学生に内定を出したあと、その内定を取り消すことがあります。しかし、内定の時点で労働契約は成立していますから、内定取消しは、解雇と同じです。したがって、使用者は客観的に合理的な理由がなく採用内容を取り消すことはできません。

特に、学生側は、内定が出ればその会社に入社することを前提に求職活動を中止するため、突然の内定取消しは、学生の人生プランを壊すことになります。

内定取消しから日が浅いうちに、専門家に相談することをお勧めします。内定取消しを取り消させることができるかもしれません。少なくても、その後の人生で壁にぶつかったときの方策を身につけることができます。貴重な人生をよりよくするための機会にしてください。

お問い合わせ

不当な内定取消しを受けたときの対処

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

最新情報をチェックしよう!