勤務評価が悪いから5年目の更新がないと言われた

こんなご相談です。

1年更新で雇われています。5年目になる更新ですが、「成績が悪いので更新しない」と言われました。いままでと何ら変わらない仕事をしてきたはずです。これはおかしいのではないでしょうか。

雇い止めの理由を文書に

労働条件明示書にもあるはずですが、更新の条件が書かれているはずです。したがって、今回は更新しない場合ですから、どんな理由があるのか、きちんと文書で書いてもらいましょう。

口頭で「勤務の成績が悪い」だけでは、何が悪かったのかわかりません。悪かったのなら悪かったで、どう上司が指導したのか大事な情報です。客観的に示してもらいましょう。

無期転換逃れの可能性大

5年目ということは、無期転換逃れの可能性があります。労働契約法に則って、有期雇用契約をしている労働者には、無期転換権が発生しますが、それをさせないようにしているのではないでしょうか。

当然、このことは、労働契約法の趣旨に反しています。

労働組合に入って交渉しよう

この場合の選択肢は、労働組合で交渉することです。

会社に労働組合があってもなくても、にいがた青年ユニオンに加入できます。お住まいの近くにも、そうした労働組合はあるはずです。

まず、雇い止めについて理由がないことを明らかにしましょう。それと同時に、同じ境遇の人で雇い止めと言われた人たちはいないでしょうか。そうした人たちに声をかけましょう。

考えてもみてください。

「成績が悪い」というのなら、これまで雇い続けてきたことに逆行します。

そうしたことと同時に、無期転換逃れであることは労働局に申告するなどして、解決に当たりましょう。

次の仕事を探したくなる気持ちもわかります。こんなことを言われれば、いまの職場にしがみつくだけの魅力がなくなったかもしれません。ですが、それでは、また次も同じようなことがおきます。歳を重ねたときに同じことが起きれば、再就職は難しくなります。

結論はどうなるかわかりませんが、やられっぱなしで泣き寝入りではなく、会社への怒りをぶつけることは、やってみてもいいのではないでしょうか。

お問い合わせ

勤務評価が悪いから5年目の更新がないと言われた

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

最新情報をチェックしよう!