消費税が10%に増税されてから、1年がたちました。消費税が増税されてから景気が後退し、そこに新型コロナウィルス感染拡大が追い打ちをかけています。

にいがた青年ユニオンも参加している「消費税廃止新発田地域各界連絡会」は10月1日、新発田市内で街頭宣伝を行いました。

立憲民主党の黒岩たかひろ衆議院議員も駆けつけました。コロナ禍において、2年間消費税率をゼロにすることを訴えました。財源には、高額所得者の所得税や多額の利益を上げている会社の法人税の引き上げを挙げました。

にいがた青年ユニオンからは「コロナ禍で職を失った労働者や台風での被災者にも負担させる消費税はおかしい」と指摘して、今度の総選挙で政治を変えようと訴えました。

最新情報をチェックしよう!