売り上げが悪いからと賃下げを押しつけ、社会保険未加入と不払残業だった会社と交渉。全面解決しました。

支店の売り上げが悪いからという理由で、いつまでも社会保険に加入させず、残業代も適正に払わず、挙げ句の果てに賃下げ提案をしてきました。

その労働者は、以前辞めた同僚が、退職間際の賃金を支払わない嫌がらせをしていたことを知っており、いわゆるブラック企業であることから、にいがた青年ユニオンに加入。交渉を求めました。

団体交渉において、「売り上げが悪くて賃金カットするというのなら、役員であるあなたは役員報酬をカットしたのか」と質問すると、黙ったまま。同席した代理人弁護士も「知らない」と答えました。

あまりにも違法な行為を行いながら、自分たちばかりいい目を見ようというのは、許されません。相手方代理人を介しつつ、全面的に解決しました。

最新情報をチェックしよう!

この記事へのコメントはこちら