精神障害などで通院する場合に自己負担を軽くする制度

仕事や生活が不安定な体処遇労働者は、うつ病などの精神疾患にかかることがあります。職場のパワハラが原因で、精神的にダメージを受けることもあるでしょう。

仕事を休職すると、健康保険の傷病手当金を利用して療養しますが、病院や薬局で支払う金額が高くてびっくりすることになります。そのようなときは「自立支援医療」を利用しましょう。

自立支援医療制度を利用しよう

通院している医療機関が、自立支援指定機関に登録されていれば、自立支援医療(精神通院)が利用できます。心身の障害で治療を続ける必要があるときに、自己負担額を軽減してくれます。

対象となる疾患は、次のようなものです:

  • 統合失調症
  • うつ病、躁鬱病などの気分障害
  • 薬物やアルコールなどによる急性中毒やその依存症
  • PTSDなどのストレス障害やパニック障害などの不安障害
  • 知的障害、心理的発達の障害
  • 認知症
  • てんかん   など

自立支援医療は、自己負担額を1割に軽減します。たとえば、一月の医療費の自己負担が6000円(3割負担)だとすると、2000円に軽減されるので、経済的に助かります。さらに、所得に応じて一月あたりの負担上限額が設定されます。

なお、精神障害と関係ない疾患で病院にかかっても、それは対象外となります。

手続きをしよう

自立支援医療を利用するには、まずかかりつけ医に相談しましょう。決まった様式の診断書を書いてもらう必要があるからです。

申請書は、市町村の担当窓口にあります。事情を説明して、どんな書類をそろえ、どこに何を書くか説明を受けましょう。

  • 自立支援医療(精神通院)支給認定申請書
  • 自立支援医療(精神通院)診断書
  • 保険証
  • 世帯の所得状況がわかる書類

病院や薬局は、それぞれ1カ所に指定することになります。

1年ごとに更新

自立支援医療(精神通院)は、1年ごとに更新手続きが必要です。定期的に通院してください。

精神疾患にかかり、休職すると、生活リズムが崩れて、それだけで不安感が増します。経済的な不安は、拍車をかけます。しかし、必ずなんとかなります。この制度もそうした不安を和らげてくれるでしょう。

お問い合わせ

精神障害などで通院する場合に自己負担を軽くする制度

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオンとレインボーユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できることから、2020年に「レインボーユニオン」に改名。にいがた青年ユニオンは、レインボーユニオンの新潟県支部になる。

相談する
最新情報をチェックしよう!