ブラック企業を退職したい!退職代行サービスよりユニオンへ

あまりにもひどい働かせ方をするブラック企業があります。そんな会社を捨てて、転職したくなる気持ちはよくわかります。一方で、当面の生活費をどうするか、失業保険はどうなるのか、気になる人も多いでしょう。

しかも、人手不足の中、なかなか退職に応じてくれないブラック企業もあり、最近では「退職代行サービス」まで現れています。

退職するには

退職は、労働者が使用者に対して退職届を出せば、それで退職できます。退職届に記載すべき事柄は、何月何日で退職するかです。

期間の定めのない労働契約の場合、法律では退職日の2週間前に届けることになっています。また、会社の就業規則では1ヶ月程度の定めにしているケースもあります。

有給休暇も残っているかもしれませんので、全部消化しましょう。

「引き継ぎが終わらない限り退職させない」「有給休暇は全部消化させない」と言っても、それは法律違反です。これからの自分の人生のために、きちんと休みを消化して、転職活動をしましょう。

期間の定めがある場合、基本的にはその期間中は退職することはできません。ただし、あまりにも過重労働で仕事ができないようになったというのであれば、話は別です。休職するなどの方法もあるでしょうし、休職期間が過ぎれば退職という流れになるでしょう。

いずれのケースでも、きちんと自分の意思を伝えるということが必要です。

伝えられないときに代行サービス?

退職させてくれない、すんなり退職できないという理由で、「退職代行サービス」が現れています。

しかし、退職代行サービスは、弁護士のようにあなたの代理人にはなれません。あくまでも、あなたの意思を変わって伝えるだけで、トラブルが起きても何かできるわけではありません。

たとえば、会社がうんと言わない、賃金の支払いで揉めている、制服等の返却で揉めるなど、そうしたケースは扱えません。

退職代行サービスを使いたいなら、はじめから弁護士に相談した方が心強いでしょう。

ユニオンを使う方法もある

実際に、にいがた青年ユニオンにあったケースです。

退職したいが、店主が怖そうなので退職の話を切り出しにくく、ずるずると働いていたところ、次の仕事も決まったのでどうしたものかと悩んでいました。そこで、にいがた青年ユニオンに話が舞い込みました。

相談者は、にいがた青年ユニオンに加入。現在の店主に、にいがた青年ユニオンから、組合員となった相談者が退職したい旨、伝えたところ、快く快諾してくれました。

このように、労働組合であれば、組合員として行動できますし、退職代行サービスを使うより、よほどよいのではないかと思います。

ただ、ユニオンとしては、今の職場をよくしたいという気持ちもあります。ただ、組合員となったあなたの人生は、あなただけのものですから、これからの将来を見据えて行動するといいでしょう。

他の組合員と話をして、いろいろと見識を広めてみてください。世の中にはいろいろな労働者がいて、いろいろな職場があります。きっとあなたのためになるでしょう。

お問い合わせ

ブラック企業を退職したい!退職代行サービスよりユニオンへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できる。

相談する
最新情報をチェックしよう!