人がいないからといって休憩時間を取らせてくれないときがある

休憩時間はちゃんと取れていますか。こんなご相談です。

1時間の休憩時間が必要な勤務時間なのに、まったく取れないときがあります。それなのに、休憩時間分の賃金を支払ってくれません。介護施設だからという理由で、休憩が取れなくてもいいのでしょうか。おかしいのではないでしょうか。

介護施設でも休憩は必要

船乗りか何かなら別の話ですが、仕事によって休憩時間が違うことはありません。

1日で労働時間が6時間を超えるときは45分、8時間を超えるときは1時間の 途中に 休憩が必要です。これは最低限なのでこれよりも長い時間を設定することに問題はありません。

相談の件では、1時間の途中休憩が本来必要なのに、「人手が不足している」の一言で、取らなかった休憩を取ったことにさせられているというわけです。

これは、介護施設であろうと、なんであろうと許されることではありません。

賃金不払いである

働いている時間の賃金を支払っていません。したがって、賃金不払いとなっています。タイムカードに手書きしたり、自分でメモしたりして、休憩時間が本当はどれぐらいなのか記録してください。

休憩時間が足りていない

そもそもきちんと休憩しないと、最適な状態で働くことができません。介護施設であればなおさら。利用者のけがの元にもなります。

利用者を軽んじて、そういうことを考えることのないマネジャーだと言えます。

ユニオンに相談しよう

休憩時間の不足や賃金不払いだけなら、労働基準監督署を利用することができます。どちらも労働基準法に違反しているからです。

しかし、問題点はそこではありません。

人手が不足しているという点です。これは、マネージメントができていない証拠です。

労働者を増やすことは、会社の裁量です。そのため、労働組合から交渉を持ちかけて、人手を増やすようにするしかありません。

いったい、どこに問題点があるのか整理しておきましょう。

たとえば事業所の長がマネジメントできていないなら、他の事業所はできていて、あなたの職場だけがおかしな状態です。比較するために、別の事業所の労働者も労働組合に参加してもらいましょう。

どの事業所も同じ状況なのであれば、会社全体の問題です。すべての労働者、マネージャー含めてできるだけたくさんの人が集まって、会社と交渉しましょう。この場合、マネージャーも穴埋めなどで奔走しているはずです。仲間にしましょう。

にいがた青年ユニオンは、地域にある労働組合です。あなたも加入できるので相談してください。

職場の状況を一番よく知っているのは、あなたです。あなたにしかできないことがあるので、ぜひ積極的に動き、考え、観察してください。

お問い合わせ

人がいないからといって休憩時間を取らせてくれないときがある

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できる。

相談する
最新情報をチェックしよう!