• 他の産業と比較して、低賃金で重労働と言われる介護業界。
  • 働き続けることができる職場、働き続けることのできる仕事へと改善を目指します。
  • 介護保険制度の改善も必要です。
介護の仕事続けたいのに。働き方を改善したいとき要チェック!

ホームヘルパー、介護福祉士など介護職員として働くみなさんの労働相談を受け付けています。誰かに話をすることで、心と体が楽になり、悩みの解決のきっかけになります。

高齢化が進展し、世帯構成の変化にともなって、質の高い介護サービスが求められています。介護保険法が施行され、ホームヘルパーや介護福祉士などの介護職員が増え、資質向上が求められる一方、地域によっては人材が不足している等の課題があり、さらに事業開始まもない事業所の中には、労働基準関係法令や労務管理に関する理解が十分でなく、「ブラック企業」と呼ばれるところもあります。

介護では当たり前と思っていることも、実は問題のある働かせ方だったりする場合もあります。特に働き始めたばかりの人はそのことを知らず、自分が悪いと思って辞めていったり、低賃金のために生活ができなくなって転職する人が後を絶ちません。

  • ゆにおんちゃん
    ブラック企業かどうか知るためにはどうしたらいいの?
  • にいがた青年ユニオン
    ブラック企業は、まず労働者を洗脳して、それとわからなくしてくるから、ブラック企業の特徴を知って、一度疑ってみよう。

辞めなくてもいい職場に

介護職員を選んだ理由は、「人と関わる仕事をしたい」ということではないでしょうか。しかし、賃金は安く、職員の入れ替わりの激しい職場も少なくありません。

結婚して家庭ができたら続けられるのかと悩む人も多くいます。別の業界に勤める友人を見ると、ため息が出ます。介護職員だからという理由だけで、何年勤めても大卒初任給以下の給料しかもらえない正社員、最低レベルの時給で働くパートやアルバイトがたくさんいることは統計的にもわかっています。仕事内容の割に賃金が低い、人手が低い、休みが取れない、身体的負担が大きいといった不安もあります。

本当なら胸を張って言える仕事のはずなのに、いつまで続けられるか悩んでいませんか。

職員が働き続けられる職場は、誰にとっても一番いいはずです。なぜ、そうならないのでしょうか。理由は簡単です。本当に人と関わる仕事ができていない、あるいは、生活できないほど労働条件の悪い仕事だからです。

腰痛や体力に不安

介護には、身体的負担が大きいという悩みがつきものだと思われています。しかし、介護職員の身体的負担を軽くする道具もあるのですが、導入している施設が少ない状態です。

ホームヘルパーのみなさんも労働者として守られます

ホームヘルパーも通常の労働者と同じです。雇用主は労働基準法をきちんと守る義務があります。

  • 移動時間や記録時間は労働時間です。
  • 週1日しか勤務のないパートでも、有給休暇があります。
  • 事業者の命令で研修や会議に出席すれば、それは当然に労働時間であり賃金が支払われます。
  • 利用者のキャンセルで仕事がなくなっても、最低限、休業手当があります。

生活できない低賃金の改善を

職場を去るときに、一番つらいことは何ですか。それは、利用者との別れです。生活できないほどの給料では、同じことが何度も繰り返されます。これでは、本当の人と関わる仕事ではありません。

労働組合を立ち上げて、あなたの職場でも賃上げを実行させませんか。どの職場でも、長く勤めればその分だけ給料が上がったり、仕事に責任が与えられる代わりに達成感が出るのは当然です。介護の仕事だけ、それと違う理由はありません。

にいがた青年ユニオンなら、気軽にご相談できます。私たちは、利用者も施設も働く人も、みんなが幸せになれる方法が最善と信じて行動します。相談内容やプライバシーに関する秘密は厳守します。

メールフォームからお問い合わせ

介護に関するご相談の例

  • ゆにおんちゃん
    休みが取れなくて困っています。パートばっかり土日休みだし日勤が中心。正社員の私たちは時給でもそれほど変わらないし、思うように休みが取れません。中には、夜勤ばっかりがいいという人もいるようですが。
  • にいがた青年ユニオン

    正規労働者もパート労働者も、職務は非常に大変なのに介護士の賃金はとても低い状態です。昇給もほとんどありません。そのため、結婚したらとても勤まらないので、若い人の少なくない割合が数年で職場を去っていきます。

    中には夜勤がしたいという人もいるでしょうが、それは賃金が低いことから生じる要求です。夜勤は健康を害します。最小限度の夜勤回数に抑え、定期的な健康診断を受けることが必要です。

    また、有給休暇を完全取得した場合を想定して人員配置することは会社の責任です。小さな事業所の場合は、有給休暇を計画的に取得できるように協議しましょう。

  • ゆにおんちゃん
    賃金が低くて、生活が苦しいです。
  • にいがた青年ユニオン

    生活がやっとの賃金で、将来の設計が立てられますか。いまは何とかやっていられるかもしれません。しかし、家族ができたら…、自分にもしものことがあったら…、老後の生活は…。

    想像通り、賃金が低いままでは将来が不安です。仕事内容と生活に見合った賃金が必要です。にいがた青年ユニオンに加入して、賃金を上げるように交渉しましょう。同時に、介護保険制度の問題点もあります。法律改正を求めるとりくみもたいへん重要です。

  • ゆにおんちゃん
    トラブルがあるとすぐにヘルパーの責任にされ、ミーティングをもたされます。
  • にいがた青年ユニオン

    利用者にかかわるトラブルがあると、すぐにそれに関わったヘルパーの「犯人捜し」が行われるそうですが、決してそれは得策ではありません。会社として必要なことは、なぜそのようなトラブルが生じたのか、それをどのようにしたら防ぐことができるのかを手立てすることです。人間はミスをして当たり前という考え方が前提にないと、上司にミスを報告できない雰囲気が作られ、重大事故に繋がります。

    また、ミーティングも無給で行われているようですが、職務である以上、賃金が支払われなければなりません。本来、このような役割はマネージャーの仕事であり、会社はヘルパーが仕事に専念できる環境を整えなくてはならないでしょう。

  • ゆにおんちゃん
    勤務時間外に研修を受けろと言われています。絶対に出席しなければならないのでしょうか。
  • にいがた青年ユニオン

    職務遂行のための技能向上等を目的にして、使用者が研修を計画することがあります。それそのものは歓迎することでしょう。

    その研修は業務ですので、勤務時間外に計画されるのであれば残業です。契約書において所定時間外労働の有無が記載されていますので、確認してください。パートタイマーに対しては当然最小限にとどめるべきです。また、残業なのですから時間外割増をつけたうえで賃金を支払ってもらえます。もしも、わずかばかりの手当と引き替えに出席を強要される場合は、労働基準法違反です。

    研修だけでなく、打ち合わせ、準備等ももちろん労働時間ですので、この際チェックしてください。

その他にもこんなことで悩んでいます

  • 賃金が安くて、疲れる仕事の割に生活できない。
  • 特に夜勤時間帯には休憩が取れない。
  • 休憩時間中に利用者の食事介助等を行っている。
  • 有給休暇がない。有休を取ると精皆勤手当や賞与の算定に響く。
  • 休日が少ない。(「夜勤明け」の日は法定休日には該当しません!)
  • 訪問途中でけがをして休んで、働けないようになった。治療費は自費で払っている。
  • 職場健康診断が実施されない。(通常は年1回。深夜労働がある場合は6ヶ月に1回。)
  • 腰痛予防、ノロウィルス対策など職場で実施されていない。
  • 就業規則を見たことがない。常に見れない。
  • 利用者から暴力をふるわれる。
  • 利用者からのキャンセル等があっても会社は何もせず、賃金が減って困る。
  • 移動時間を労働時間に含めない。
  • 人間関係がうまくいかない。
  • 理想と現実が違う。

介護保険制度をよくしてほしい!

今の介護保険制度では、利用者負担が重くのしかかり、必要な介護サービスの利用をあきらめるケースがあります。国民は公費負担を増やしてほしいというのに、政府はその願いを切り捨てています。

一般のブラック企業は、会社のもうけのために社員を使い捨てますが、介護業界が薄給なのは大元に介護保険法の縛りがあるからです。政治のしばりも解決しなくてはなりません。

私たちは、介護保険制度が、利用者や家族も、介護職員も、施設経営者も安心できる介護制度になるようにとりくみます。

関連記事

女性介護士が知っておきたい利用者からのセクハラの対処

女性の介護士の方からのご相談です。 利用者からのセクハラで悩んでいます。特に一人勤務の夜勤の時です。 上司に話しても、「それが仕事だ」ときちんと対処してくれません。 どうしたらいいでしょうか。 会社内ではいまでは当然のように問題にされるセクシャルハラスメントですが、介護現場での職員と利用者の間でも想像以上にセクハラ被害があるようで、時折、利用者からのセクハラや暴力などで悩んでいるとのご相談があります。

ゆにぶろ - にいがた青年ユニオン公式ブログ

介護技術が遅れている!介護福祉士と被介護者の健康と安全のため改善すべき 新潟では介護福祉施設での労災が増加

海外で勤務する介護福祉士の方から、こんな内容のメールが届きました。 日本の介護福祉士の労働条件は悪すぎます。 介護技術も遅れています。 たとえば移乗介護の時、日本では自力で立ち上がることのできない要介護者の両腕を要介護者の脇から腕を入れて持ち上げます。しかし、こちらでは法律で禁止されています。 介護福祉士が腰を痛める危険性が高く、安全と健康を守るため。 そして、要介護者の手や腕に負荷がかかり皮下出血したり転倒する危険性があり、安全を守るため。 国による抜き打ち検査も頻繁にあります。 危険な介護をやめて、一日も早く労働条件を改善してもらいたい。

ゆにぶろ - にいがた青年ユニオン公式ブログ

お気軽にお問い合わせください

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。 あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。 一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

メールフォームからお問い合わせ