労組役員としてどう話をすればいいですか

労働組合の役員をしているみなさん、おつかれさまです。

回り順でやっていたりすると、組合員をどう束ねればいいかわからないこともあるでしょう。そこで、今回は、そんな組合役員の方へのアドバイスです。

まず聞き出すこと

労組役員というと、前に出ていってあいさつするようなイメージがあるかもしれません。

あれはあれで必要なときもありますが、いまは違います。

自分が話をするのではなく、組合員の話を聞いて回ってください。

確かに時間はかかります。連絡ではなく、本音を聞き出すには、時間がかかるものです。

本音を聞き出せたら、すぐに解決のために動きましょう。ちゃんと動いてくれると言うことが信頼に繋がります。

かといって、下請けをしてはなりません。自分が動くときは、他の人も動くようにセッティングしてください。

回りの人も動かす

あなたはボスになってはいけません。リーダーになる必要があります。

ボスは、人に指図するだけで、何もしようとしません。リーダーは、みんなと一緒になって行動します。

下請けになってはいけないと言いましたが、そのために執行委員などの役員は、複数名いるはずです。そうした人も動かし、役員でない組合にも協力を求めましょう。

話を聞き出すことのできている組合員であれば、できる範囲で協力してくれるはずです。

まとめよう

組合員は一人ひとり異なる個人です。

仕事の内容も違えば、生活も異なります。考え方が異なれば、要求が異なるのも当然です。

要求が異なるように見えても、実は根っこが一緒のことはよくあります。

たとえば、よく休みを取る人がいて、逆に休まない、休めない人がいるといます。不公平感をもったり、休みづらい職場になっていたりするわけですが、互いによく思っていなかったりします。

ですが、この根っこには、休暇に関するルールがきちんとしておらず、さらには人手が日常普段から足りておらず、ぎりぎりの人数で回していることが予想されます。ここを解決すれば、そうした不満は減ることになります。

意見をまとめるときは、表面だけ見ないようにしましょう。

みんなの前で話をするとき

一人ずつ話をするときは、聞くことが大切だという話をしました。聞き出すために話をしてください。

ですが、たまにはみんなの前で話をすることがあります。

そういうときは、原稿を見てはいけません。大まかな話の流れを決めます。長々話をしても飽きられるだけです。短めにまとめてください。

話は、だいたい3~4段落ぐらいにしておくといいでしょう。

そして、いきなり大きなことを言わずに、どの人も言うようなことは言わず、そこら辺の議案書に書かれているようなことを言わず、身近な話をたとえ話にして入ってみてください。

自分の言葉で、生活者として話をすることです。

それと数字に直してみるというのは、説得力が増します。大きな数字になるように単位を調整してみてください。たとえば、今年の10月から消費税が8%から10%にアップします。わずか2%と思うかもしれませんが違います。8%が10%にアップするのですから、消費税額は25%もアップするんです。

10/8=1.25

こう言うと、消費税がどれだけすごい割合で上がるか実感できるはずです。

人を取りまとめるだけのこと

労組役員と言っても、スーパーマンではありません。そんな人は必要ないんです。

労組役員と言っても、出世目的のやつは本当にロクでもありません。御用組合って何のためにあるんだろうと思います。

労組役員は、ただ組合員のとりまとめ役でしかありません。

公平な立場に立って、それぞれの根っこにあるものは何か、それを探し出す役です。

にいがた青年ユニオンは、そんな役員を求めています。あなたの労組ではどうでしょうか。もし興味があれば下のボタンからお問い合わせください。お互い協力すれば、いいことが産まれるかもしれません。

お問い合わせ

労組役員としてどう話をすればいいですか

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

最新情報をチェックしよう!