残業し過ぎはダメ!働き方改革できてますか

最近、「働き方改革」もいう単語を聞くことが減りました。悪いこともありましたが、不十分ながら、残業時間に上限がつきました。

いまの働き方について振り返っておきましょう。

残業は過労死の原因

長時間労働は、過労死の原因であることがわかっています。目安は、月80時間の残業です。これは、およそ1日4時間の残業です。

あなただけでなく、職場の誰かがそのような状況であれば、危険信号です。

残業時間に上限

基本的に残業は認められず、例外として、労使協定があれば時間外労働が認められます。

その時間外労働は、月45時間まで、年360時間までです。

さらにその例外として、繁忙期などの理由がある場合、月100時間未満、年720時間までに引き上げることが可能です。ただし、1年のうちなら6月まで、複数月平均80時間未満の制限があります。

無理をしてはいけません

私が若い頃は…と言って「残業自慢」をする人がいます。しかし、その人はたまたま何もなかっただけで、必ず誰かは健康を損ねています。

過労死は、日本特有のことで、英単語に変換することができません。雇用契約を結んで働いているからといって、いのちや健康、私生活まで売り払っているわけではありません。生きるために仕事しているのですから、その仕事で殺されないようにしましょう。

もし長時間労働しているなら、親しい人の顔を思い浮かべてください。

残業代で生活が成り立っているのなら、なぜ基本給が低いのか疑問を持ってください。

私たちはレインボーユニオンという労働組合です。よりよい働き方にするために活動しています。あなたにも不幸になってもらいたくありません。

また、家族として心配している方もいるでしょう。そんなときも、まずは相談してください。

お問い合わせ

残業し過ぎはダメ!働き方改革できてますか

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオンとレインボーユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できることから、2020年に「レインボーユニオン」に改名。にいがた青年ユニオンは、レインボーユニオンの新潟県支部になる。

相談する
最新情報をチェックしよう!