試用期間満了で解雇と言われたどうしたら

このようなご相談です。

入社してから会社が儲からないといって、休業させられていました。このたび試用期間満了で解雇と言われました。どうしたらいいでしょうか。

試用期間といえども雇用契約

試用期間は、解雇権留保付き雇用契約といわれます。あくまでも雇用契約中です。

したがって、使用者からの申し出による一方的な労働契約の終了は解雇ですが、簡単に解雇することはできません。

解雇が客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当と認められないときは、労働者をやめさせることはできません。

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

労働契約法16条

整理解雇ができるのか

使用者が不況や経営不振などの理由により、解雇せざるを得ない場合に人員削減のために行う解雇は、整理解雇といいます。使用者側の事情による解雇なので、整理解雇が有効かどうか厳しく判断されます。

  1. 人員削減の必要性
  2. 解雇回避の努力
  3. 人選の合理性
  4. 解雇手続きの妥当性

まずは、解雇理由証明書を求めてから、労働組合に加入して交渉するといった方法を採ることができます。

たとえば、にいがた青年ユニオンはそうした労働組合の一つです。まずは相談してみましょう。

お問い合わせ

試用期間満了で解雇と言われたどうしたら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できる。

相談する
最新情報をチェックしよう!