にいがた青年ユニオンは、最低賃金の引き上げ額を目指して労使の攻防が激しくなる7月下旬を中心に取り組みを強めました。

全労連・国民春闘共闘は7月21日、中央総決起集会を開催。最低賃金をいますぐ1000円以上にすることを求めてデモ行進しました。

最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会は7月24日、全国の取り組みを交流して、最低賃金の地域間格差をなくし、大峰幅引き上げを求めて、街頭宣伝と集会を開きました。

最低賃金の地域間格差を表したチラシは、たくさんの人から手にとってもらえました。

7月25日に中央最低賃金審議会が開かれた中野サンプラザ前では、全労連と最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会が最低賃金の大幅引き上げを求めて宣伝しました。

最新情報をチェックしよう!