当直業務であるにもかかわらず、労基署に届け出ずに最低賃金額に満たない賃金しか支払わなかったことから、労働基準監督署に申告。不払い賃金と有給休暇分の賃金を支払わせました。

「持病の薬の副作用のために、宿直業務が厳しいと感じたので、有給休暇の取得届を出しました。しかし、返ってきた答えは、診断書はあるか、どんな病状かを聞かれ、そして、有給休暇はやれないという答えでした。診断書を求められたので驚きました」とコメントしています。

最新情報をチェックしよう!

この記事へのコメントはこちら