サービス残業しかも休憩時間もなく働かされて上司は無視

サービス残業に関するご相談です。

仕事が終わらないので、早出したり、休憩せずに働いています。タイムカードは、正規の時間にならないと押させてくれません。サービス残業になっているので、その分の残業代を上司に請求したのですが「そんなのは知らない」の一点張りです。不払い分を取り返したいのですが、どうしたらいいでしょうか。

サービス残業は泥棒

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる。

サービスはよい方がうれしいのですが、サービス残業はよくありません。犯罪です。まさに経営者による泥棒です。社長は、何の犠牲もなく、財貨を得ているのです。

あなたの財布に社長が手を突っ込んで、お金を持って行かれたら、その社長を泥棒として警察に突き出すでしょう。犯人に刑事罰を受けさせると同時に、取られたお金は返してもらわなければなりません。
サービス残業も同じです。本来ならば、社長には捕まってもらって、それと同時に、不払い分を返してもらわなければなりません。この場合、社長を捕まえるのは警察ではなく、労働基準監督署になります。

労働基準監督署へ行く場合

サービス残業を解決するために、労働基準監督署を利用する場合から見てみましょう。先ほど申し上げたように、労働基準監督署は、サービス残業させる社長を捕まえてもらうために赴きます。とはいっても、たとえば、初犯の万引き犯ならば、いきなり手錠をかけられることはないでしょう。たいがいは、指導されたのち、犯人が自発的にお店に対して損害分を弁償し、終わります。
労働基準監督署も、基本的には同じようなことをします。つまり、いきなり社長を捕まえるのではなく、指導します。
とはいっても、社長を犯罪者扱いしますから、そのためにははっきりとした証拠が必要です。その客観的な証拠はあなたが用意しなければなりません。つまり、(1)残業させられた(労働時間の記録)、それなのに(2)残業代を支払ってもらっていない(残業代の記録)、とこれを立証する必要があります。
通常は、タイムカードと給料明細、給与の振り込み先となっている銀行口座の通帳などが証拠物件となります。もちろん、そこから、どれぐらいの残業代を支払ってもらっていないのか、あなたも計算しておく必要があります。
今回のご相談では、タイムカードに正しい労働時間が記録されていないという点が難点となります。そこで、タイムカードには偽りの時間が記録されているということを立証しなければなりません。家族の証言、業務日誌、自分の日記、同僚の証言などどのようなものでもよいので、かき集めてください。
不払い残業代の計算方法については、後回しにして、話を次に進めましょう。

弁護士や労働組合へ行く場合

弁護士や労働組合へ行くというケースが考えられます。これは、捕まえてもらうのではなく、損害分、つまり、不払いとなっている残業代を取り返すためです。
厳密に言えば、労働基準監督署は、この手続きをしません。指導時に「あなたが自発的に返してくれたらいいなー」とはもちろん言ってくれます。たいがいの社長は、部分的にそれに応じるでしょう。しかし、ブラック企業の悪徳社長の場合、指導に応じないケースがまれにあります。それに、不完全な形で指導されるので、損害分すべてが返還されるわけではありません。それに納得がいかないときは、こちらの手段を講じる必要が出てきます。

弁護士にしろ、労働組合にしろ、若干の費用はかかります。それに、自分が何もしなくていいかと言えば、そんなことはありません。基本的に自分で作業しなくてはいけません。弁護士や労働組合は、専門的な知識を生かして、バックアップしてくれるでしょう。

残業代の計算

残業代を請求するには、労働時間を把握して、自分の時間単価を計算して、残業代を割り出す作業が必要です。多少、知識が必要となりますが、ご自身でも、ある程度理解した上で、弁護士や労働組合に相談してください。

ちなみに、今回のようにタイムカードに偽りがあるというとき、労働組合は交渉による解決を目指しつつ、宣伝などを行うという圧力を加えることができます。裁判所においては、客観的な証拠どうしをつきあわせて判断が下るので、証拠の少ないときは労働組合の方が解決しやすいかもしれません。

残業代の計算方法については、こちらのページにまとめています。

→未払い残業代を請求したい、サービス残業をさせられる

にいがた青年ユニオンでは、これまでも未払い残業代をたくさん取り返してきました。
これは、お金の問題ではありません。
体力と精神を使って作業したのに、それに対価をよこさないという社長は、あなたを奴隷以下と見なしています。
サービス残業させられたというのは、家畜であることの烙印を押されたのです。いや、もしかしたら家畜の方がまだいいかもしれません。すみかとえさを十分に与えられるのですから。

残業代を取り返すことは、あなたの誇りを取り戻す作業です。
なにも心配はいりません。一人でなら不安もありますが、私たちはみんなで協力することができます。
ちょっと苦労もあります。ですが、ブラック企業が少なくなり、世の中がよくなります。あなたの功績はとても大きなものです。
少し時間はかかります。安らげる人生をつくるための時間にしては、ほんのちょっとの辛抱です。

にいがた青年ユニオンにご相談ください。

たくさんのことを我慢して頑張っているうちに、いつの間にか自分の人生を仕事やお金に握られてしまっていると感じませんか?

ここでは、あなたはお客様ではありません。
あなたも私も同じ、人生の主人公です。

労働組合には、心と体を守るためのたくさんのツールがあります。
一緒にその使い方を学び、身につけませんか?

にいがた青年ユニオンは、労働者自らが真剣に運営する労働組合です。職場との関係、同僚との関係、生活上の心配事なども含めて、あなたと一緒になって考え、共に行動します。

相談は無料です。まずは、お気軽にご相談ください。

mailform サービス残業しかも休憩時間もなく働かされて上司は無視

サービス残業しかも休憩時間もなく働かされて上司は無視

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!