シフトを減らされた!休業手当の支払いは?

こんなご相談です。

会社の業績不振を理由に、シフトを減らされました。このままだと生活できません。

労働条件は一方的に変更できない

労働時間も労働条件の一つです。労働条件は労使が合意すれば変更できますが、一方的に変更することはできません。

労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。

労働契約法8条

シフトを減らされたのは、会社に責任のあることなので、最低でも休業手当を支払ってもらう必要があります。

使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない。

労働基準法26条

シフト作成時に掛け合う

シフトを作成するに当たって、元の労働時間になるように掛け合いましょう。どうしても、シフトをカットされるのであれば、その分の休業手当の支給が必要なことを確認しましょう。

他の人も同じようにシフトをカットされているのなら、一緒に掛け合うのもいいでしょう。

日々の記録を

会社と万が一争うことになって必要なものは、証拠です。

日々の労働時間や、どういう理由で休まされたのか、休憩時間は取れたのかなど、日々の出来事を記録しておきましょう。過去分も含めてシフト表やLINEのやりとりの記録なども保管しておきましょう。

一人で我慢しない

パートやアルバイトの立場では会社側に意見しにくいでしょう。一人で我慢したり悩んだりして抱え込むのではなく、誰かに相談し、解決策を探しましょう。

労働組合や弁護士が専門家の窓口です。労働基準監督署でもいいでしょう。

労働組合は、会社になくても、地域で活動するユニオンがあります。にいがた青年ユニオンもその一つですが、パートやアルバイトでも誰でも加入できて、これまでもいろいろな労働問題を解決してきました。当然、あなたの問題も解決できるはずです。

お問い合わせ

シフトを減らされた!休業手当の支払いは?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できる。

相談する
最新情報をチェックしよう!