パワハラで精神疾患になったらそれ労災

パワーハラスメントを防止するための法律はできましたが、これからどうなるかわかりません。

精神疾患にかかるほどになると、何をどうしたらいいかわからなくなります。そこで、こんなふうにして乗り越えましょう。

パワハラされ始めたら記録を

パワハラされ始めたかなと思い始めたら録音してください。他の人が聞いてパワハラかそうでないか判断することは、まだまだ先の話になりますが、証拠として取っておきましょう。

録音できなくても、日記として残すといいでしょう。

精神的に辛いときは精神科に

精神的に辛くなってきたら、病院へ行って受診してください。

一つは、身体的な不調を緩和してくれます。眠れないと、どんどん体力が奪われます。そうしたときには眠れる薬を処方してくれます。

また、働いていることが原因で精神疾患になっているわけですが、その原因となる出来事が生じた後、その症状が出て、病院に行くという順番になっているはずなので、初診日がいつなのかはとても重要です。

ただし、病院の医師が、精神疾患と仕事上の因果関係を証明するわけではありません。仕事でこういうことがあってと話をして、たとえばストレス障害と診断することはあるでしょうが、労災と認定するのは、労働基準監督署になります。

なお、病院に行く費用が大変なときは、自立支援医療(精神通院)という制度があります。病院窓口で聞いてみてください。

労災申請しよう

パワハラが原因で体調が悪くなると、仕事を休んだりしなくてはなりません。しかし、生活費は稼ぐ必要があって、悩むわけです。

そこで、労災申請を見据えて行動しましょう。

労働災害と認定してもらうためには、申請の用紙が必要です。労働基準監督署へ行きましょう。必要事項を書いてください。同時に、会社の書く欄があります。ふつうは、断ってくるかもしれません。その場合は、「会社に記載を求めたが、書いてくれませんでした」という旨の書類を自分で作ってください。

労災申請には、1年前後の調査期間となります。

問題は、その間の生活費です。健康保険に入っていれば、傷病手当という制度があります。労基署職員によっては、傷病手当は私傷病の場合の手当であって、労災の場合は使えないという説明をします。

理屈から言えばそうですが、かといって1年間も霞を食って生きるわけにはいきません。

傷病手当の申請をしつつ、労災申請も行って、もし労働災害だと認定されたときには、傷病手当を返金するかたちをとればいいでしょう。

あなたの経験を活かそう

職場の問題と健康上の問題が重なり、そこに生活上の問題を生じさせると、非常に解決が困難になります。

今回目の前にある問題は、にいがた青年ユニオンに加入して解決しましょう。

それと同時に、その経験を次の人のために活かしてみませんか。同じようなことで苦しんでいる人は少なくありません。そうした人のサポートをしてみませんか。

ただ、サポートするだけでなく、いろいろなわからないことに直面しますが、その都度、本人と一緒に学習しながら前に進めばいいんです。

にいがた青年ユニオンには、メールやLINEで相談できます。ぜひご連絡ください。

お問い合わせ

パワハラで精神疾患になったらそれ労災

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

最新情報をチェックしよう!