休憩が取れないときは労基署へ行こう

人手不足なので、こういう相談もよく入ります。

仕事中休憩が取れません。

途中休憩は20分だけ。すぐに仕事に戻らないといけません。

途中休憩しないと能率が悪くなる

考えてみたらわかりますが、途中休憩なしに働き続けたら、能率が落ちます。

暑い中、外で草刈りすることを考えたらわかるでしょう。たまに休憩し、水分補給もしながら、何かも食べつつ、汗をぬぐいながら行います。

これ、常識です。

ずっとずっと草刈りしてたら、ヤバいことになります。

休憩は能率を上げるために必要なことです。

しかも、休憩中は、社長は私たちに賃金を支払う必要がありません。何の遠慮もいらないはずです。

途中休憩は法律で決まっている

仕事の途中に休憩が必要であることは、労働基準法で決まっています。

労働時間が6時間を超えるときは途中に45分、8時間を超えるときは途中に1時間。これが最低ラインです。

6時間ぴったりなら途中休憩は不要ですが、それ以上労働時間が長くなるなら、途中休憩は絶対です。

人手を補わない会社が悪い

そもそも、休憩が必要なのに与えない、休憩中にもかかわらず仕事を与えてくる会社というのは、人員補充をサボっています。

サボっているのは会社です。

途中休憩が労働基準法で決まっていますので、この場合は、労働基準監督署へ申告しましょう。

ただし、人員増までは要求してくれません。そこで、労働組合の出番です。にいがた青年ユニオンのような地域にある労働組合は、どの地域にもあるはずです。そこで相談してみてください。

お問い合わせ

休憩が取れないときは労基署へ行こう

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できる。

相談する
最新情報をチェックしよう!