日記 - 3ページ目 (5ページ中) - レインボーユニオン

議案書を大幅に書き換えて学習中心に

にいがた青年ユニオンは7月14日、定期大会を新潟市内で開きました。 これまでの議案書の形式から大幅に変更し、各自で学習できるようにしました。

最賃を決める経過の記録がない!

最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会は6月20日、院内集会を開きました。 にいがた青年ユニオンは、地方最低賃金審議会の全国議事録調査について報告しました。

最低賃金法違反で申告

当直業務であるにもかかわらず、労基署に届け出ずに最低賃金額に満たない賃金しか支払わなかったことから、労働基準監督署に申告。不払い賃金と有給休暇分の賃金を支払わせました。

不当解雇を撤回

セクハラに遭い不当に解雇された労働者がにいがた青年ユニオンに加入。団体交渉を申し入れたところ、事業主はすぐに解雇撤回しました。また、嫌がらせもしないと当事者に約束しました。

最低賃金の大幅引き上げめざし活動

にいがた青年ユニオンは、最低賃金の引き上げ額を目指して労使の攻防が激しくなる7月下旬を中心に取り組みを強めました。

夜勤時の休憩時間が不明瞭

少数の労働者が夜勤対応となる事業所において、その休憩時間があいまいで、休憩を取得できないケースがあることから、事業所と交渉し改善を申し入れました。

最低賃金大幅引き上げめざし院内集会で野党共闘

最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会は5月17日、「最低賃金をいますぐどこでも時給1000円に!時給1500円をめざす」院内集会を開きました。 最低賃金の大幅引き上げを求めて、野党各党がそろう集会となりました。

最低賃金の大幅引き上げを!

労働組合の潮流を越えて最低賃金の大幅引き上げを求めて活動する「最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会」は2月27日、JR新宿駅東口で街頭宣伝を行いました。 にいがた青年ユニオンも参加しました。

ブラックバイトに負けないと大学生も立ち上がる

自宅で作業させられた学習塾を相手に、大学生が団体交渉。不払い賃金を支払わせました。

運送業で残業代に不明点

トラック運転手から「残業時間に比例した残業代が出ない」「残業代も教えてくれない」と相談され9月3日、会社側に要求書を送りました。

元請社員から解雇理由の通告受け撤回させる

元請社員が労働者に対して解雇の理由を説明していました。

理由のない解雇を撤回

理由に正当性がなく、解雇予告がなされたことから、にいがた青年ユニオンに加入した労働者は、会社側とたたかいました。

賞与や残業代の不払いを交渉

賞与支給日以後に退職すると伝えているのに、根拠なく賞与が支払われなかったり、固定残業代を違法に運用していたとして未払い残業代を複数の労働者らがにいがた青年ユニオンに加入、8月13日に要求書を送り、会社側と交渉を行いました。

契約不更新に対して団体交渉

有期契約の繰り返しで働いてきた労働者が、仕事ぶりが悪い、周囲へのあたりがきついなどを理由に、契約更新されないことが起きました。10年以上働いてきた実績もあり、にいがた青年ユニオンに加入して交渉しました。

5年無期転換逃れ

労働契約法改正に基づき、無期転換権が発生することになりました。それを防ぐために、契約期間の上限を設ける会社が新潟市内にあり、労働者らが加入して交渉しました。

契約途中での解雇に対してたたかう

1年間の有期雇用契約を結んで働いていた労働者が、その期間途中で解雇されました。このことから、にいがた青年ユニオンに加入してたたかいました。

最新情報をチェックしよう!