最低賃金で騒いでいるけれど

今朝は、最低賃金の話題で賑わっています。

ぜんぜん高くない

いろいろ問題があるわけですが、「1000円が高い」と思ったあなたのために、あなたの時給がいくらなのかこちらでご覧ください。

たいがい、この時給は高いと思う人は、月給制で働いています。パートやアルバイトで働いていれば、現在の時給での生活実感は結びつくからです。

たいがいの正社員は、残業代やボーナス(一時金)、家族手当などで食べています。

子どもが大きくなればなるほど、教育費のことで頭を悩ませます。

そのあたりのことも考えてみてください。

NHK受信料もスマホ代も日用品も同じ値段

都道府県が違っても、テレビを持っていればNHK受信料を払っているはずですが、同じ金額です。

スマートフォンを持っていれば、都道府県が違っても、同じ基本料金のはずです。

コンビニで売っている物も同じ値段です。

Amazonで取り寄せれば、同じ値段です。

スーパーで買い物した感じでですが、新潟と東京ではほぼ同じ値段ですね。スーパーの種類によって上下はあるけれど、地域差はないです。

それを生協労連が端的に示しています。

裏写りしている資料で申し訳ありませんが、生協は全国どこでも同じ生協ブランドなので同じ値段。それを各地のパート職員の時給で何が買えるか示したものです。

朝ごはんや生活雑貨の買える量がこれだけ違います。

自家用車が必須

確かに、都会はアパート代が高いでしょう。それは認めます。しかし、地方は自家用車がなかったら通勤できません。職場に行けないので、稼ぐことができません。自家用車は必需品です。

来月、生活保護に関する全国規模の学習会が、新潟県立大学で行われます。もしでしたら、自家用車なしで新潟県立大学まで来るというのは、どういうことを意味するか体感してみてください。

子どもを保育園に預けてから職場へ行くことができません。変則的な勤務時間の職場には行けません。公共交通機関がないので、自家用車が必要なんです。日常の買い物に行くにも、必ず車は必要です。なにせ、駅周辺ではなく、郊外の道路に面していますから。

自家用車の維持費は、年間で30万円は必要だと言われています。

その上、新潟の冬場は、雪だらけ。その中を通勤します。スタッドレスタイヤは数年に1回買い換えです。そんな苦労させられているのに、最低賃金のせいで賃金が低いなんてヘンです。

お問い合わせ

最低賃金で騒いでいるけれど

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

最新情報をチェックしよう!