「インフルエンザかもしれない」と思ったら無理して出社せず休もう

インフルエンザにかかると、本当につらい。高い熱が出たり、全身がだるくなったり。

普通は仕事を休むべきものですが、無理に出社する人もいます。

職場で増えるインフルエンザ

一人がインフルエンザになると、その周囲にうつっていきます。インフルエンザを流行させないために、無理に出社するのではなく、休む方がベストです。

無理に出社するケースも

仕事が終わらない、有給休暇の残り日数が少ないといった場合、無理に出社するケースが見られます。

特に、試用期間中など、今後にとって不安な時期ほど悩むもの。ですが、そういうときだからこそ、きちんと上司に報告して休みましょう。インフルエンザなのに無理に出社させようとするなら、そういう会社だと割り切っていいのです。

体調が悪くなっているのに、無理な仕事もできません。そして、職場では感染源になります。

完治前に出社

インフルエンザにかかったあと、完治せずにすぐに出社するケースがあります。これも、仕事が終わらない、有給休暇の残り日数が少ないというようなときに起きがちで、やはり感染源になります。

医師の診断に従って、きちんと休むようにすべきです。

出社させようと促してくる

インフルエンザとわかっていながら、会社が無理にでも仕事させようと出社を促す例もあります。

当面の仕事はできても感染源となるので、同僚にインフルエンザが広がって、結局、職場としての能率は低くなります。

インフルエンザの時は無理せず休もう

インフルエンザは、人のくしゃみや咳で感染しますから、人混みに行けばかかる確率が高くなります。

仕事が忙しいと思っても、インフルエンザにかかったあとはきちんと休むことが重要です。

特に、責任ある立場だと休みづらいのですが、無理して出社すれば、逆に部下や同僚にインフルエンザをうつす原因になります。

職場で感染を拡大させないために、会社全体でインフルエンザに対する認識を共有すると同時に、早めに対応していきましょう。

お問い合わせ

「インフルエンザかもしれない」と思ったら無理して出社せず休もう

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

最新情報をチェックしよう!