体調不良で休みがほしいと言ったらもう来るなと言われた

体調が悪くなり、会社に連絡を入れて休ませてほしいと連絡を入れたところ、上司は突然怒って「もう来なくていい」と言いました。どうしたらいいでしょうか。

まず出社しよう

人間である以上、体調が悪くなることは当然あります。そういうときに休むことは当然です。

上司がいろいろ言ったかもしれませんが、体調が戻ったら、まず出社しましょう。出社は、労務提供の意志があることを示すものです。そのまま出社しないでいると、労務提供の意志なしと判断されて、別の問題を引き起こします。

クビと言われたら争う

出社したときに、「クビと言ったはずだ」と言ってくるのなら、そのことを記録しましょう。

そもそも、その上司に労働者を解雇する権限があるのでしょうか。

解雇するのなら、どんな理由があるのか、解雇理由証明書を請求して書かせる必要もあります。

解雇理由証明書は、労働者が請求する必要があります。理由はできる限り詳細に書かせてください。曖昧な表現であれば、何度でも突き返して、できる限り詳細を書かせてください。書くのを拒否するようなら、質問攻めにして録音してください。

労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。

労働基準法22条1項

体調不良が原因で解雇されていたら、たまったものではありません。徹底的に争いましょう。退職したところで、雇用保険もたいした金額ではありませんし、転職した先でも同じことが起きるかもしれません。踏みとどまる経験をした方が得です。

そもそも人手が不足しているのでは

労働者が休んただめに、穴が空いて、いらいらしている上司がいると言うことは、そもそも人手の不足している職場ではないでしょうか。ちょっと冷静に考えてみてください。

作業量に対して人手が不足していたり、急な対応ができないほど硬直化している職場だと思われます。

今回の件は当然解決するとしても、そうした職場状況は、今後のことを考えて改善すべき課題だと言えます。

ハラスメントのありふれた職場では

体調不良で休みの連絡を入れただけなのに、もう来なくていいなどと感情にまかせて言う上司は、普段からそのような言動がないでしょうか。

パワーハラスメントを許すわけにはいきません。それは、会社にとっても、労働者にとってもです。

上司がおかしい

体調が悪くなっただけで、もう来るなと軽口を叩く上司は、労働者を不安にさせ、いらない労使紛争を引き起こし、パワハラを行う会社として、会社の評判を悪くします。

明らかに上司がおかしいのです。会社にも利益はありません。

もちろん、こちらは何も悪くありません。

一人で行動することが不安であれば、労働組合に加入しましょう。会社になくても、労働組合はお住まいの地域に必ずあります。

にいがた青年ユニオンもそうした労働組合の一つです。労働者であれば加入できますので、下のお問い合わせフォームへのボタンからご連絡ください。

これを機会に、労働者に与えられた権利を使って、課題を解決し、職場をよりよくしていきましょう。

お問い合わせ

体調不良で休みがほしいと言ったらもう来るなと言われた

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!