支援 | レインボーユニオン

生活費が工面できないときはどうしたら

新型コロナウィルスの影響により、失業者が増えています。 新型コロナウイルスの影響で仕事を失った人が、見込みも含めて全国で7万人を超えたことが、厚生労働省がハローワークなどを通じて行った調査で分かりました。仕事を失った人は、実際にはさらに多いとみられ、厚生労働省は再就職に向けた支援を進めています。NH… 続きを読む

収入減少で家賃が払えないときは

新型コロナウィルスの影響で、収入が減ったときは、住居確保給付金を活用しましょう。

雇用保険の失業等給付が改正されます

2020年10月から、失業等給付に係る「給付制限期間」が2か月に短縮されます。 これは、正当な理由がない自己都合により退職した場合であっても、5年間のうち2回までは給付制限期間が2か月とするというものです。 失業等給付に係る「給付制限期間」が2か月に短縮されます(鳥取労働局)

新型コロナで収入減!対応するには

新型コロナウィルス感染症のため、私たちの生活は激変しました。残業がなくなった、失業した、休業で収入が減ったなど、家計も大きく変わったでしょう。

わかりやすい!新型コロナ対策支援カード

徳島弁護士会が「新型コロナ対策支援カード」を作成・配付しています。 新型コロナ対策支援カードの提供について 個人家族版と事業主版の2種類。個人家族版には、緊急小口資金、総合支援資金、休業手当、傷病手当金などの「カード」が並べられ、クリックすると、詳細なホームページや通知へ誘導するようになっています。… 続きを読む

【10万円給付】特別定額給付金は生活保護利用者にも給付され収入認定されない方針

新型コロナウイルス感染拡大に伴って緊急事態宣言が全国に出されています。仕事や営業が休みになったりしている人も多いでしょう。 それにより「一人あたり10万円給付」が4月17日の会見で公表されました。心配なのは、生活保護利用者にも給付されるのか、また、それは収入認定されないのかでした。

緊急小口資金が新型コロナで特例貸付

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国一斉休校が実施されたり、緊急事態宣言が出されています。そのため、休業したり、事業がうまくいかない方は少なくありません。特に個人事業主やフリーランスのなかには、いますぐ資金の確保したいという方も多いのではないでしょうか。

特別の有給休暇「企業が申請しないと意味がない」制度見直しを

政府は新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、全国一斉休校の要請を行ないました。そのため、約1ヶ月間、仕事を休まざるを得なくなった保護者への支援策として、収入を補償する国の助成制度がはじまりました。 しかし、その制度は、会社が労働者に年次有給休暇とは別に、特別の有給休暇を取得させた場合、日額上限83… 続きを読む

学校が臨時休校!非常勤講師はどうなる?

2月27日に政府は全国一斉で休校要請しました。これにより、働いていた非常勤講師の収入減が問題になりました。

フリーランスへの支援は「融資」!?

安倍首相は2月27日、新型コロナウィルスの感染防止のため、全国の小中高校の一斉休校を突然要請しました。保護者はこれによって大混乱に陥りました。 仕事を休んで子どもの世話を見なければならない保護者は、仕事を休まなければならなくなりました。

労働相談はLINEかメールでできます

労働相談は、やっぱり敷居が高いもの。なんとなく思っていることをまとめるのも大変です。 そこで、にいがた青年ユニオンでは労働相談をLINEやメールフォームから受け付けています。

ユニオンで団体交渉!いくらかかるの?

「労働相談は無料」というのは、当然のこととして、ではその先、何にいくらぐらい必要なのでしょうか。赤裸々にお答えします。

労働相談はなんでもにいがた青年ユニオンへ

にいがた青年ユニオンは、仕事先に関係なく、パートタイマーでも個人で加入できる会社の外に作られた労働組合です。ご相談はお気軽にご連絡ください。

セーフティーネットの最低賃金制度

日本では非正規労働者が増加し、正社員であっても、いつ最低賃金付近で働く労働者になるかもしれません。 1日8時間、週5日働けば、当たり前の生活ができるようになる。そうあるべきです。 貧困問題を解決するには、だれでも安心して生活できる水準の最低賃金でなくてはなりません。

自立支援医療(精神通院医療)ってどんな制度?

うつ病になって休職したり、仕事を失う人にとって、精神科等の通院費は高くなります。このようなご相談です。 私はうつ病を理由に退職しました。貯金でなんとかやっていましたが、底をつきてきました。 何かいい方法はないでしょうか。

消費税10%に上がるんですが大丈夫?

明日10月から消費税が10%に値上げされます。1万円の物を買うときには1000円の税金を取られます。かつて、大型間接税である消費税が3%で導入された後、5%、8%へと少しずつ増税されてきました。そのたびに景気が悪くなりました。

最新情報をチェックしよう!