消費税10%に上がるんですが大丈夫?

明日10月から消費税が10%に値上げされます。1万円の物を買うときには1000円の税金を取られます。かつて、大型間接税である消費税が3%で導入された後、5%、8%へと少しずつ増税されてきました。そのたびに景気が悪くなりました。

明日からどういう生活になるだろう

生活費としてかかる費用に税金がかかります。当然、買い控えをします。

税金は、本来、消費するところにかけるのではなく、もうけを得るところにかけるべきです。たとえば、所得税や法人税といった直接税です。もうけをうみだすところにかければ、もうけを生み出せた人だけが払うので、問題が少ないわけです。

所得税の累進課税を昔のように強化して、法人税にも累進課税を導入すれば、いいのではないでしょうか。

最低賃金も上がるけど

最低賃金も10月中に上がってきます。新潟県では時給803円から830円になります。しかし、その効果は、消費税の増税で打ち消されていきます。

最低賃金が上がることで直接に影響を受ける人は、まだまだワーキングプアなので、賃上げすれば生活費に回ります。それがせっかく地元で消費されて、地元企業に行くかと思えば、消費税として国に吸い上げられます。

最低賃金を上げても、消費税を上げられたんでは、中小企業支援になりません。

政治の話は身近

こうしてみると、政治の話は身近だと思いませんか。

政治によって、消費税が上げられます。これによって、私たちの生活が変化します。もしも消費税が下がったらどうでしょう。昔のように、消費税がなくなったらどうでしょう。おそらく、私たちの生活が変化します。

ちなみに、最低賃金も、政治の影響を大きく受けます。

政治の話は、本当に身近です。

議員になるために立候補するには勇気がいるかもしれません。でも、家族や友人など、周りの人と生活のことを話題にしたり、それを元にして投票したりすることは、とても大切なことです。

消費税が上がるこの機に生活と政治のことを考えてみませんか。

お問い合わせ

消費税10%に上がるんですが大丈夫?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できるが、労働組合に関わってこなかった新しい感性を発揮してくれることを望んでいる。

最新情報をチェックしよう!