- 6ページ目 (8ページ中) - レインボーユニオン

ブラックバイトはあなただけじゃない!不当な扱いに対抗しよう

琉球新報がブラックバイトの経験を募ったそうです。 県内で複数の飲食店を展開していたクライマックスコーヒー(沖縄市)が破産準備に入り、アルバイトの学生らに給与の未払いが起きている問題を受け、琉球新報社がブラックバイトに関する体験談や意見を募ったところ、電話や無料通信アプリ「ライン」を通じて9~11日の… 続きを読む

年次有給休暇は最低年5日は休もう

「働き方改革」という言葉が先行していますが、年次有給休暇については、労使とも理解しているでしょうか。年5日を消化しなければならないことになりました。

パワハラで精神疾患になったらそれ労災

パワーハラスメントを防止するための法律はできましたが、これからどうなるかわかりません。 精神疾患にかかるほどになると、何をどうしたらいいかわからなくなります。そこで、こんなふうにして乗り越えましょう。

人がいないからといって休憩時間を取らせてくれないときがある

休憩時間はちゃんと取れていますか。こんなご相談です。 1時間の休憩時間が必要な勤務時間なのに、まったく取れないときがあります。それなのに、休憩時間分の賃金を支払ってくれません。介護施設だからという理由で、休憩が取れなくてもいいのでしょうか。おかしいのではないでしょうか。

退職代行サービスは危ない!?

いろいろな手を尽くして退職させようとしない会社があります。そこに目をつけたのが「退職代行サービス」。しかし、この商売は、かなり危険です。

学生バイトなのにつらい働かせ方ならどうする

高校生や大学生が、学費や生活費のためにアルバイトするようになっています。それに伴い、酷い働かせ方も蔓延をしています。ブラックバイトと言われています。

最後の給料を手渡しにと言われたら

ここのところ舞い込む相談です。最後の給料を手渡しにするから取りに来いという社長がいます。どうしたらいいでしょうか。

残業代を払ってくれないときはどうしたら

「サービス残業」が当たり前という風潮がありませんか。 特に、正社員や技能を求められる職種に多いのではないでしょうか。さらに、仕事前の会議や終わった後の清掃など30分にはならないと思われるような作業もです。

「長期で働ける方希望」だから応募したのに短期で雇い止めされたら

「長期で働ける方希望」という求人を見ることがあります。それなのに、契約内容はなぜか期間の定めがあって、契約更新があり得ると書いてあります。 長期で働くことを前提に採用されたのに、突然の雇い止めにあったらどうしたらいいでしょうか。

体調不良で休みがほしいと言ったらもう来るなと言われた

体調が悪くなり、会社に連絡を入れて休ませてほしいと連絡を入れたところ、上司は突然怒って「もう来なくていい」と言いました。どうしたらいいでしょうか。

休憩取れないと訴えることはできるのか

忙しく仕事しているときには特に休憩でほっと一息つけます。でも、その休憩が満足に取らせてもらえない職場もあるようです。 日常的に休憩が取れないと、さすがに我慢の限界です。どこかに訴えたくなります。当たり前ですね。では、どこに訴えればどんな結果になるか考えてみましょう。

残業時間は減らせる

「働き方改革」の影響で、残業時間を減らそうという取り組みが進められています。あなたの職場では順調でしょうか。 ここでは、学校の取り組みを紹介しつつ、残業代の不払いも問題になっていることを紹介します。

大学生でブラックバイトどう対処するか

高い授業料に下宿代。それを稼ぐために大学生もアルバイトをしています。 しかし、どこも大学生に優しい雇用主とは限りません。それがブラックバイトです。

休憩できないからと訴えることはできるのか

休憩時間が十分になく、忙しく働かせる職場があります。人手が不足していたり、客先の都合などが原因ではないでしょうか。

バイト先から違約金を求められた

「長期に働ける人希望」と書いてある店頭求人を見ることがあります。応募するときは、長く働くつもりだという人もいるでしょう。でも、そうした状況は時間と共に変わります。早く辞めると告げたとたん、違約金を求められるケースがあります。

労働基準法を知ろう

職場のトラブルに遭うと「これって労働基準法に違反しているのでは」と思いつく人は多いようです。 労働関係法令をまとめて、労働法と呼ぶことがありますが、その中のひとつ労働基準法について学んでみましょう。

最新情報をチェックしよう!