パワーハラスメント(パワハラ)はどこに相談したらいいですか?

上司からパワーハラスメント()を受けているというご相談をいただきました。
どこにも相談できず、一人で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、パワーハラスメントを受けたとき、誰に相談したらいいのかを見てみましょう。

パワハラとは

パワハラとは、パワーハラスメントの略で、上司と部下の関係などを背景にして、本来の業務の範疇を超えて、継続的に人格と尊厳を侵害する言動を行い、就業者の働く関係を悪化させ、あるいは雇用不安を与えることをいいます。うつ病などのメンタルヘルス不調の原因となることもあります。上司から部下に行われるものだけでなく、先輩と後輩の間、同僚の間、また、まれに部下から上司に対してさまざまな優位性を背景に行われるものも含まれ、職場でのいじめ全体を含んでいます。

パワハラには、次のようなタイプがあります。

  1. 身体的な攻撃(暴行・傷害)
  2. 精神的な攻撃(脅迫・暴言等)
  3. 人間関係からの切り離し(隔離・仲間外し・無視)
  4. 過大な要求(業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
  5. 過小な要求(業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
  6. 個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)

ご相談のケースは、この中の「精神的な攻撃(脅迫・暴言等)」に当てはまりそうです。

同僚や社内の相談窓口

相談者の方は、上司からみんなの前でパワハラを受けているとのことですので、まずは、同僚に話をしてみるという選択肢が考えられます。ここで複数の同僚が味方になって、一緒に上司に抗議してくれるようであればしめたものです。

しかし、場合によってはそうならなかったり、あるいは、同僚の前で行われていないパワハラもあるかもしれません。次に考えられるのは、上司のさらに上の上司であったり、会社に設置されている相談窓口です。専門のカウンセラーがいたりすれば、愚痴に終わらない解決策を提示してくれるかもしれません。

しかし、すべての会社がそのような窓口であるとは限りません。相談したことが問題の上司に筒抜けだったりすることもあります。

確実な社外の相談窓口

やはり、確実なのは会社の外の相談窓口です。

厚生労働省は、「こころの耳」というポータルサイトを開設。働き方はもちろん、眠れないといった病気や生活についての悩みまで網羅しています。パワハラを受けると、仕事のことはもちろん、体調やその後の生活のことまで心配になるでしょう。それらを整理するためにも、一度ご覧になることをお勧めします。

にいがた青年ユニオンは、解決したいというあなたの気持ちを大切にして、会社と交渉するなど行い、働く人の環境を改善することで問題解決を具体的に図ります。問題解決を具体的に図れるという点が、にいがた青年ユニオンのような労働組合に加入するメリットです。

相談はできるだけ早めにしたほうがよいでしょう。パワハラの被害にあいつづけていると「自分はダメな人間だ」と洗脳されます。会社という指揮命令関係の元では、パワハラは、パワハラをする人が悪いのに、被害者である自分に原因があるように思い込まされます。そうならないために、できるだけ早めに相談しましょう。

パワーハラスメント(パワハラ)はどこに相談したらいいですか?

社外の窓口の活用を

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!