最低賃金より低い賃金で働いていると思うときはどうしたら

こんなご相談です。

現在の最低賃金額よりも低い状態で働いていると思うのですが、どうしたらいいのでしょうか。

最低賃金よりも低いかどうかどのように計算するのか、また、低かったらどうすればいいか、見ていきましょう。

最低賃金額以上かどうか確認するには

まず、賃金の支払い方によって比較する方法が異なります。

時給制の場合

時間給と最低賃金額を直接比較します。

日給制の場合

日給額を1日の所定労働時間で割った金額と最低賃金額を比較します。

月給制の場合

月給額を1ヶ月の平均所定労働時間で割った金額と最低賃金額を比較します。

出来高払制その他の請負制の場合

出来高払制その他の請負制によって計算された賃金の総額を、当該賃金計算期間に出来高払制その他の請負制によって労働した総労働時間数で除して時間当たりの金額に換算し、最低賃金額と比較します。

<参考>地域別最低賃金の一覧

最低賃金額を下回っていたら

計算して、自分の賃金が最低賃金よりも下回る場合は、法律上、最低賃金額と同様の定めをしたものとされます。

したがって、最低賃金額に満たない不足分を使用者に請求することができます。

使用者がうっかり計算ミスしていることも考えられますので、まず使用者に話をしてみましょう。

もし、それでも支払ってこない場合は、労働基準監督署に申告する方法が考えられます。

時間外や休日の手当を含めて計算しますか

時間外割増や休日割増のような手当は、最低賃金の対象ではありません。

最低賃金の対象となるのは、毎月支払われる基本的な賃金に限られます。

特に、残業代と支払われる手当(固定残業代)を含む場合は、気をつけましょう。

<参考>最低賃金の対象となる賃金

試用期間中で最低賃金未満でもいいですか

最低賃金は、事業場で働くすべての労働者と使用者に適用されます。試用期間中であっても適用されます。一部、最低賃金の減額の特例が認められる場合はありますので、労働基準監督署に問い合わせるといいでしょう。

泣き寝入りしない

自分の時給が最低賃金額をわずか下回っているだけだからと思って、泣き寝入りしないようにしましょう。

最低賃金は、労働者の生活を底支えすると同時に、健全な経済活動を発展させます。

誰か一人の使用者が抜け駆けすると、その仕組みが壊れていきます。

労働基準監督署をうまく活用できない、自信がないという場合は、おちかくのユニオンに相談してみてください。にいがた青年ユニオンもそうしたユニオンのひとつです。

お問い合わせ

最低賃金より低い賃金で働いていると思うときはどうしたら

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できる。

相談する
最新情報をチェックしよう!