- 6ページ目 (6ページ中) - レインボーユニオン

休憩取れないと訴えることはできるのか

忙しく仕事しているときには特に休憩でほっと一息つけます。でも、その休憩が満足に取らせてもらえない職場もあるようです。 日常的に休憩が取れないと、さすがに我慢の限界です。どこかに訴えたくなります。当たり前ですね。では、どこに訴えればどんな結果になるか考えてみましょう。

残業時間は減らせる

「働き方改革」の影響で、残業時間を減らそうという取り組みが進められています。あなたの職場では順調でしょうか。 ここでは、学校の取り組みを紹介しつつ、残業代の不払いも問題になっていることを紹介します。

研修中だから最低賃金に満たなくてもいいの?

最低賃金額の改定がニュースになっています。最低賃金額は、労働者の生活をそこ座さえする重要な金額。それを下回ってもらっては困ります。ですが、「研修中だから」と言われて最低賃金を下回ることは許されるのでしょうか。

ブラック企業はネタになっても現実にしてはいけない

ブラック企業をネタにした作品はたくさんあります。

過密労働、過労死、サービス残業を改善させるには

かつて正社員は、年功序列賃金、終身雇用の安定と引き替えに、過密労働、サービス残業をいとわない傾向がありました。 そのような異常な働かせ方に加えて、成果型賃金制度が導入されるようになると、果てしない長時間労働へと追い込まれました。脳や心臓の血管を詰まらせるなどして、ある日突然亡くなります。これが過労死… 続きを読む

個人事業主扱いされて報われない

世の中には、いろいろな仕事があります。そうした中でも、労働者としてではなく、個人事業主扱いされて、労働者保護の外に置かれる人たちがいます。

休憩できないからと訴えることはできるのか

休憩時間が十分になく、忙しく働かせる職場があります。人手が不足していたり、客先の都合などが原因ではないでしょうか。

バイト先から違約金を求められた

「長期に働ける人希望」と書いてある店頭求人を見ることがあります。応募するときは、長く働くつもりだという人もいるでしょう。でも、そうした状況は時間と共に変わります。早く辞めると告げたとたん、違約金を求められるケースがあります。

労働組合が平和運動するのはなぜですか

暑い8月がやってきました。1945年当時の日本も暑かったことでしょう。 労働組合が平和運動に携わるのか、考えてみましょう。

退職決めたら給料未払いにされた

いろいろな理由で退職することがあるわけですが、退職を決めて使用者に届けを出したとたん態度を豹変させて、賃金を払わない不心得者がいます。

労働基準法を知ろう

職場のトラブルに遭うと「これって労働基準法に違反しているのでは」と思いつく人は多いようです。 労働関係法令をまとめて、労働法と呼ぶことがありますが、その中のひとつ労働基準法について学んでみましょう。

ブラックバイトは悩む前に相談を

夏休み中にアルバイトをしようという学生も多くなります。そのアルバイト先が、ブラックバイトの可能性もあります。 そのときどうしたらいいか紹介します。

シフトカットは労働基準法とどういう関係になるの?

シフトで働いていると、トータルの労働時間が一方的に増やされたり減らされたりして困る人がいます。

自殺したいほどに退職したかったら退職代行屋よりもユニオンへ

職場のパワーハラスメントなどで、精神疾患にかかると、生活をどうするか心配になって、でも仕事には行きたくなくなって、この両天秤で苦しめられることになります。自殺したくなるほど悩みます。 どうしたらいいでしょうか。

シフトを一方的に減らされた・増やされた

シフトを急に減らされたり増やされたら、いろいろな面で困ります。

最新情報をチェックしよう!