労働相談はなんでもにいがた青年ユニオンへ

にいがた青年ユニオンは、仕事先に関係なく、パートタイマーでも個人で加入できる会社の外に作られた労働組合です。ご相談はお気軽にご連絡ください。

ユニオンとは

職場でパワーハラスメントを受けて、労働相談する人が増えています。パワハラ以外にも、セクハラ被害を受けていたり、サービス残業させられ、残業代が支払われなかったりして、労働者としての権利を侵害されている人もいます。

労使間の問題については、もし会社に「労働組合」があれば、対応することができます。団体交渉を行って解決します。

しかし、そんなふうに身近に労働組合のない人の方が多数です。パートタイマーが入れない労働組合もあります。そんなときに利用できるのが「ユニオン」です。「合同労組」とも言います。

ユニオンの多くは、企業を超えて労働者が組織する労働組合です。また、自社に労働組合があっても、いわゆる「御用組合」であり、団体交渉や団体行動などを期待できない場合もあります。そのようなときにも、「ユニオン」が有効です。

労働組合とは

労働組合は、労働者が主体となって、労働条件の向上を目指してつくります。

たとえば、雇用者に対し、雇用契約の条件を守らせたり、向上させたりします。一人ではなかなかできないような、賃上げその他労働環境の改善を求めて団体交渉できます。

もちろん、誰にでも作れるので、あなたも労働組合が作れます。

幅広い年代のみなさんのために

にいがた青年ユニオンは、若者を中心に広がる労働問題を、若い感性で解決していることから、「青年」の名前がついていますが、青年だけでなく、幅広い年代が加入できて、働く者なら誰でもひとりでも加入できる労働組合です。

新潟以外でも

新潟県を中心に活動していることから「にいがた」の名前が付いていますが、組合員は、新潟県外にもいて、元気に活動しています。SNSなどを活用して、一人でも活動できるように互いに学びながら取り組んでいます。

あなたが中心

にいがた青年ユニオンは、組合員の労働問題を相談しあったり、互いに支援しています。あなたも加入してあなたの問題を解決してください。

ただユニオンは、弁護士とは違い、あなたに代わり労働問題の交渉を引き受けるところではありません。

あなたの抱える労働問題に取り組む中心は、あくまであなた自身です。また、同じように加入する組合員を支援するのもあなたです。そんなあなたなら、他の組合員たちが少しずつ支援してくれます。それがユニオンです。

労働問題は、労働者自身が考えて、行動することによって、根本から解決できます。

あなたに、自分の問題は自分こそが解決できるという信念があれば、他の組合員は協力します。そして、必ず解決できます。

もちろん、あなたの秘密は守ります。相談したことが会社に伝わることもありません。また、ユニオンに加入しても必要がないかぎり会社に通知しません。

LINEやメールで相談できます

ご相談は、LINEか電子メールで受け付けています。ただ、どうしても限界があるので、面談をお願いすることになります。

一人で思い悩んでいても、いいことになりません。ぜひご相談ください。

遠方にお住まいの方にはお近くの団体をご紹介します

にいがた青年ユニオンには、全国各地から相談が多数寄せられます。
遠方で面談が困難な方については、安心して相談できるお近くの団体を紹介します。

お問い合わせ

労働相談はなんでもにいがた青年ユニオンへ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できるが、労働組合に関わってこなかった新しい感性を発揮してくれることを望んでいる。

相談する
最新情報をチェックしよう!