有給休暇 アーカイブ

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

有給休暇に対する時季変更はそうそう簡単には認められない

年次有給休暇の取得率があまりにも低い日本というわけで、年10日の有給休暇を発生させる労働者に対しては、その年度の間に5日以上取得させなくてはいけないということになります。2019年4月から開始ですから、もうすぐです。

有給休暇を取らせてくれなかったときの対処法

有給休暇を取らせてくれない会社は、パワハラが横行することとならんで、ブラック企業の特徴の一つに数えられます。 退職前なので有給休暇を消化しようと申請しましたが、「シフトができたから無理だ」と休ませてくれませんでした。どうしたらいいのでしょうか。

病気の時は仕事を休んだ方がいいし休ませた方がいい

あなたは病気の時、無理してでも出勤しますか? 休まないことを美徳とする風潮もあるのですが、それはきわめて非生産的です。

「飲食店だから特別」って言われましたが本当?

こんなご相談です。 小さな飲食店に勤めています。辞める前に全部有給休暇を消化したいと言いました。そうしたら、「うちは小さな飲食店だから、普通の会社と違う」と言って断られました。これは本当のことですか?

おかしな職場、辞めるかどうするか悩むとき

こんなご相談です。 非正規労働者というだけで、「あなたたちは有休は使えません。そんなことをしたら、正規労働者が有休消化できないのだから」と平気で言うような上司です。もう疲れました。この職場を辞めようかどうしようか悩んでいます。

有給休暇そもそも

有給休暇に関するトラブルが目立ちます。 有給休暇とはそもそもなんなのか、労使双方が理解していないのではないかと思われるときもあります。 そこで、有給休暇のそもそもについて見ておきましょう。

有給休暇を使わせてくれなさそう

2018年、初めてのブログはこんなご相談から。 有給休暇を使わせてくれなさそうな雰囲気の社長です。 でも、ちゃんと有給休暇を使わせてもらいたいのですが、どうしたらいいでしょうか。

有休取得に診断書求められ申告書提出

にいがた青年ユニオンは12月18日までに、新潟労働基準監督署に対して申告書を提出しました。

退職前に有給休暇が使えなかった

これもよくあるご相談です。 自己都合で退職したのですが、退職前に有給休暇を使える状態ではありませんでした。 労働基準監督署に相談したら、「有給休暇を使えなかったからと言って、金銭で返してもらえるものではない」と言われたのですが、どうしたらよかったのでしょうか。

上司が気分屋で困る

こんな上司は嫌ですね。 上司が気分屋です。気分が悪いと大きな声を出したり、あいさつの仕方が悪いと怒られます。有給休暇も理由によっては拒否されたりもします。土日が忙しい職場ですが、一定回数以上に休みを取ると時給を下げられるといったペナルティーもあります。

有給休暇を消化させてくれない!→それ違法です

「退職しますが、それまで有休消化します」と届け出ただけなのに、損害賠償請求されるという驚くケースが意外にあります。 極端な例は少ないかもしれませんが、退職前だけにいろいろなトラブルが発生しがちです。たいがいが、使用者の知識不足かデタラメです。

「辞めたい」に対する報復にどう対応するかまとめ

仕事がきつくて退職したい。そんな声がいろいろなところから聞こえ始める時期です。 あなたが悪いのではありません。職場環境が悪いのです。 辞めたいと言う前に 「辞めさせてもらいます」という前に、まずちょっとだけ考えてみましょう。 この会社を辞めようと思った原因は、主にどこにありますか。 もちろん、一つだ… 続きを読む

「病気を理由に有休取得はダメ」という会社どうしたら

こんなご相談です。 上司が「有給休暇の理由に、病気は認めない」と言い出しました。どうしたらいいでしょうか。

有給休暇の事前申請ってどれぐらいまでが普通?

このようなご相談です。 私の勤めている会社では、有給休暇は2週間前も前に届け出なくてはなりません。 これって普通のことなのでしょうか。 有給休暇の期日指定 vs 時季変更 労働者は、一定条件を満たすと、その理由に関係なく、有給休暇を取得できるようになります。 生活費に悩まされることなく、気分をリフレ… 続きを読む

有給休暇を使わせない職場にどう対処したらいい?

有給休暇の取得に関しては、まだまだトラブルが多いです。 こんなご相談です。 営業職をしているのですが、有給休暇を使わせてくれません。 どうしたらいいでしょうか。 労働基準監督署へ行くとちょっと弱い 有給休暇は、労働者が行使できる当然の権利です。 会社が許可するかどうかは無関係です。 わずかに、時季変… 続きを読む

最新情報をチェックしよう!