光熱水費が払えない、食べ物が買えない、ローンが限界、生活が成り立たないときは

私たちのところには、よく生活相談が舞い込みます。暮らしが成り立たないときのことを考えてみましょう。

生活が成り立たないとき

生活が成り立たないときは、1ヶ月の支出が1ヶ月の収入で間に合わなくなり、かつ、貯蓄で穴埋めできなくなったときに生じます。

穴埋めできないと、キャッシングやローン、友人からの借り入れなどで対処し始めるようになります。

ですが、もちろんこれは根本的な解決になりません。

1ヶ月の支出が1ヶ月の収入で間に合わないのはなぜか考える必要があります。

節約できるならまず節約を

節約できるなら節約する方法があります。

そうはいっても、食費を削ったりしても、苦しいだけです。それよりは、格安スマホに変えたりして固定費を削る方がいいでしょう。確実に節約できて、しかも精神的に楽です。

生活が成り立たないときの現象

いよいよ生活が成り立たないときには、こんなことが起きます。

  • 食べ物を買いたくてもお金がない。
  • 財布の中に1万円しかない。
  • アパート代が払えない。
  • 光熱水費が払えない。
  • 病院に行くお金もない。
  • 転職活動しようにも交通費がばかにならない。
  • 車検のお金がない。
  • 急に家電が故障しても対処できない。
  • 国民健康保険料が支払えない。

こんな状態になっていたら、生活保護を利用することを考えましょう。中には、もっとぎりぎりになって、「財布の中に数百円しかない」という人もいますが、我慢のしすぎです。もっと早く相談してみましょう。

生活保護を利用しよう

最初は、生活保護の制度について相談しに行くつもりでもいいかもしれません。あまり敷居を高くせずに行きましょう。

持って行くといいものは、銀行通帳の残高のわかるもの、いま持っている現金などがあります。後日、アパートに住んでいればその契約書など求められますが、そうしたものは後日にしましょう。

生活保護の申請窓口は、福祉事務所です。わからないときは近くの役所に行きましょう。どこが窓口か教えてもらいましょう。

窓口に着いたら、生活保護について相談してみてください。あれこれ問いただされるかもしれませんが、気にせずにいてください。

ここが肝心です。

気にせずにいてください。

実際に、生活保護を利用できる基準を下回っていなかったら、それは計算して、まだ受けられないことがわかるだけです。ですが、あくまでも、まだです。

ここが大事です。

まだ、かもしれません。

一度で諦めてはいけません。

まず、生活保護の利用は、相談ではなく「申請」から始まります。あなたが「生活保護の申請をします」と言うところからスタートです。必要書類に記載を求められると思いますが、必要事項をそこに書いてください。

食べ物に事欠くような状態であれば、生活保護を利用できる基準を下回っていると思われます。決定まで何日かかるか聞きましょう。そして、それまでにどうやって生き延びればいいか、確認しましょう。

食べるものに事欠くのに、1ヶ月も待たされては困るわけです。

がんばりすぎない 

大概の人が頑張りすぎています。

財布の中身が数百円になってからだと、生活保護の申請から決定まで14日以内だとしても、非常に大変です。

また、家賃の滞納がしばらく貯まってからでは、非常に困難です。

生活苦については、がんばりすぎないようにしましょう。

お問い合わせ

光熱水費が払えない、食べ物が買えない、ローンが限界、生活が成り立たないときは

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できるが、労働組合に関わってこなかった新しい感性を発揮してくれることを望んでいる。

相談する
最新情報をチェックしよう!