最低賃金守らせるために助成金の紹介を

毎年10月に最低賃金が上がりますが、それを守らない使用者がいます。 最低賃金の支払いは、使用者の義務です。 使用者は、最低賃金の適用を受ける労働者に対し、その最低賃金額以上の賃金を支払わなければならない。最低賃金法第4条第1項 そして、地域別最低賃金を守らない使用者は、罰則が適用されます。 第四条第… 続きを読む

   

しばらく給料が支払われない時どうしたら

新型コロナウィルス感染症は、失業や実質的失業を生んでいます。そんな中で、賃金の遅配が生じてきます。 ここしばらく給料が支払われません。ときおり少額ですが支払ってくれます。経営者にも都合があるのかもしれませんが、こちらも生活があるので、なんとかしてほしいのです。 まず労働基準監督署へ 賃金は、生活を成… 続きを読む

   

行政に指導してもらうことはそこそこハードルが高いのはなぜ

こんなご相談です。 私の能力が低いと言われ、今後、別の部署で仕事してもらうと言われました。そのとき、やる気を失って退職すると言ってしまいました。よく考えたらパワハラではないでしょうか。このことを行政指導してもらいたいのですが。 前段の話は置いておくとして、今回は、「行政指導してもらいたい」という部分… 続きを読む

   

労働相談はいつでもLINEで

労働相談といえば、どこを思い浮かべるでしょうか。1番目は労働基準監督署、2番目は弁護士相談ではないでしょうか。 しかし、どちらも相談の受付は平日の昼間です。変則的な働き方をしている場合、なかなか利用することができません。 新潟県内で10年以上活動するレインボーユニオンは、労働組合です。この間、派遣切… 続きを読む

   

不当な解雇かどうかわからないので調べたい時

こんな相談がよく寄せられます。 こんなことをされました。不当に解雇されたのか、退職勧奨を受けて辞めさせられたことになるのか、よくわからないのですが、これは不当なことなのでしょうか。

   

とても理不尽なことをされたという話

近所付き合いならそんなことはしないというようなことを、会社の中はなぜかそれが許されてしまうという風潮があります。 ここのところ、新型コロナウイルス感染症の広がりと重なって、こんな相談があります。 会社の中で、新型コロナウイルス感染症に感染した人がいます。そのことを会社の外の人に言ったという理由で、解… 続きを読む

   

シフト制でも労働時間ははっきりさせるべき

週ごとや月ごとにシフトが示されて働くことは、当たり前にあります。しかし、今回これが大問題になっています。 新型コロナウィルス感染症が拡大する中、飲食業や旅行業で休業することがありました。この際、シフト制で働く労働者に対して、「シフトがないから休業手当は払わない」という事業主が出てきたのです。つまり、… 続きを読む

   

このチラシで最低賃金のこと知ってほしい

10月に新しい最低賃金の金額に上がり、また、あまりニュースになりませんが、特定の業務の人たちに適用される最低賃金も上がりました。 最低賃金の重要性はますます大きくなっていて、「最低賃金を上げたら失業者が増える」「物価が上がるだけで意味がない」「韓国の二の舞になる」などと言いふらす人たちが出てきて、ま… 続きを読む

   

過重労働やパワハラに関する相談が目立つ

厚生労働省は2021年11月6日に「過重労働解消キャンペーン」の一環として実施した労働相談の結果を公表しました。それによれば、480件の相談が寄せられ、長時間労働・過重労働が56件、パワハラが48件、解雇・雇い止めが47件、賃金不払い残業46件となっています。 過重労働は、健康を害します。早め早めの… 続きを読む

   

EUはギグワーカー保護へ!日本でも続こう

コロナ禍で仕事を失った人が手軽に始められるとして、ネットを介して単発の仕事を請け負うギグワーカーが増えました。外食を控える中、食事を注文すると、そうしたギグワーカーが運んでくれるサービスも広がりました。 しかし、ギグワーカーは、個人事業主扱いされ、労働環境は不安定です。世界では、このことが問題視され… 続きを読む

   

修理費を払えと言われた

こんなご相談です。 私は機械を使っているとき、たまたま故障しました。日頃のメンテナンス不足が原因だと思います。しかし、社長は「あなたが壊したのだから、あなたが修理費を払え」と言って請求してきました。どうしたらいいでしょううか。 まず請求には応じない さまざまな状況は考えられますが、まず、請求に応じて… 続きを読む

   

冬の一時金も生活設計の一部

経団連が大手企業の2021年冬季賞与・一時金の妥結結果(加重平均)を発表しました。 それによれば、妥結額(加重平均)は、前年比5.16%減の82万955円です。 賞与でもボーナスでもない 冬の賞与、冬のボーナスなどという呼び方をされますが、これは使用者の気持ちひとつで出されているものではありません。… 続きを読む

   

労働組合は非正規労働者からまだまだ遠い存在かもしれない

時おり、労働組合を指して、労働貴族だ、正社員クラブだと批評されることがあります。また、私たちレインボーユニオンの相談には、勤め先の労働組合のやることがおかしい、気持ち悪い、脱退したいなどが寄せられます。 労働組合としては、悲しい限りですが、そのことは現実として受け止めなければなりません。 労働運動研… 続きを読む

   

未払い残業があるときは

残業したのに、残業代が払われない。いわゆる、サービス残業です。労働者として、そんなサービスをする必要はありません。 小中高の付属校を持つ国立大学法人で多くの不払い残業があることが明らかになりました。 記事によると、56の法人のうち、20法人で不払い残業があり、18法人が労働基準監督署から是正指導を受… 続きを読む

   

無期転換ルールのチェックしてみませんか

有期契約労働者は、更新がたびたびやってくるため、労働条件が低く、がまんさせられます。しかし、更新が繰り返されて、実態として無期雇用と変わりなくなっているときは、無期転換権を行使することができます。 しかし、この無期転換ルールのことを知らない労働者がたくさんいます。いまでも不十分な無期転換ルールですが… 続きを読む

   

これって当たり前?生活保護のあれやこれや

生活保護を受けるのはちょっと…。そういう方は多いのですが、では生活保護とはどんな制度なのか知っている人はほとんどいません。