上司のことを労働組合に相談したら筒抜けだった

たまになのか、たくさんなのかわかりませんが、あるんです。 上司のことを社内組合に相談したんですが、そうしたら翌日には上司の下にその話が入っていたんです。

   

人員不足だと言って辞めさせてくれない

首切りの相談もあるわけですが、その逆もあります。 「人員が不足しているから、もうちょっともうちょっとと言われ、何ヶ月も辞めさせてもらえない」、「シフトができあがっているのだから、途中で辞めるなんて人間としておかしい」といった感じで、辞めさせない、辞めにくい、ハラスメントを行うといったケースです。

   

シフトができたから有給休暇は取れないと言われたら

シフトで動いている職場によくある話ですが、前月に希望休を入れて、有給休暇を入れて、シフトを組むというやつです。

   

「1ヶ月前に通告すればいい」はウソ

よくある誤解です。 「1ヶ月前に解雇と通告した。だから解雇する」と言われました。これって問題ないのでしょうか。

   

夫がパワハラの被害に遭っているときどうしたらいいか

一番つらい相談です。 夫が会社でパワーハラスメントに遭っている感じです。しばらく前からふさぎ込んでいたのですが、今日聞いてみたら、上司からパワハラを受けているようなんです。どうしたらいいでしょうか。

   

退職間際の給料を払わない社長がいたらどうするか

時折舞い込む労働相談です。 退職したんですが、最後の給料を払ってくれないんです。 困った社長です。この場合どうしたらいいか紹介しましょう。

   

新潟の大学でもパワハラ

ハラスメントが大問題になっていますが、新潟県内の大学でもパワーハラスメントが問題になって訴訟にまで発展しています。具体例として見ておきましょう。

   

時給1500円は高くないし地域間格差もいらない理由

にいがた青年ユニオンは、最低賃金大幅引き上げキャンペーン委員会の一員として、最低賃金を今すぐ1000円に、1500円を目指そうと活動しています。 ちょうど参議院選挙があるわけですが、最低賃金の話題が各政党の公約に浮上する状況となっています。

   

パワハラ?注意?どっちなの?

こんなことをされたのだけれど、これはパワハラですか? よく聞かれます。答えを出すのはすごく難しいです。なぜなら、パワハラかそうでないかは、2つに分けられるものでなく、グラデーションがかかっているためです。

   

最低賃金審議会を公開させたいのだけれど邪魔する人がいる

最低賃金に注目が集まる昨今です。 非正規労働者が4割になり、もう低賃金の底が抜けてしまって、超低賃金になっています。 最低賃金は、主婦パートや学生バイトなんていう話は、もう大昔の話です。

   

試用期間でクビと言われた

試用期間にまつわるよくある相談です。 「思っていたのと違う。試用期間でクビ」と言われました。

   

労働組合から抜けたい

時折なんですが、こんな相談が舞い込みます。 労働組合から抜けたいんですが。 私たちも労働組合の端くれなので、複雑な気分になりますが、ズバッとお答えします。

   

生活が苦しいときは生活保護を思い浮かべよう

生活が苦しいという相談が来ます。 それも若い方からです。 そうすると、 若いので生活保護は利用できないのではないでしょうか。 こういう答えが返ってきます。

   

シフトを一方的に減らされた・増やされた

シフトを急に減らされたり増やされたら、いろいろな面で困ります。

   

地域の労働組合に入るとこんなに面白い!

労働組合に入る。なんかハードルが高い。そう思いますか? でも、地域にある労働組合に入ると、いろいろなことが知れて、面白いです。今回はまるで宣伝のようなお話です笑

   

風邪のときは無理せず休むほうがいい

風邪を引いているのに、無理に出勤しなければいけないと思っている人はいませんか。 それはとても危険な行為です。