予備校で業務委託の講師してるんですが

塾や予備校などの教育産業は、ブラックなところもまだまだあります。ブラックバイトは記憶に新しいところです。

こんなご相談です。

予備校で働いています。業務委託契約を結んでいて、採点時間などはまったく考慮されません。今度、持ち時間数を減らしてくれと言われて困っています。

業務委託は無理

業務委託というのは、下請けに出すという意味です。つまり、仕事の完成が求められるのであって、その途中をどう作業するかは下請けした本人次第です。

判断する基準として、元請けの指揮命令下に置かれていないか、利用する道具などは下請けもちか、下請けしてきた業務をさらに孫請けに出すことができるか、下請けするに当たって、費用などの交渉を行い、拒否することが可能かなど、雇用関係か請負関係か、そうした点を総合して考えていきます。

一般的に考えて、予備校の建物の中で、建物内のホワイトボードや教室を利用し、予備校の作成した冊子を利用し、コピー機でコピーを無償で行い、授業はきっちりやるように言われ、かつ結果もちゃんと出るように指示されているのですから、これで業務請負のはずがありません。

予備校の講師を業務委託にすることはできません。

時数が減るのは予備校が悪い

予備校との雇用関係を確認したら、その次です。

持ち時間数を減らしてほしいという理由は何でしょうか。生徒の数が減ったか、他の講師を雇ったためその調整のためでしょう。

いずれにしても、自分の責任ではありません。予備校の責任です。

あなたは、たしかに人に教えるだけのスキルがあり、それに誇りを持って働いているでしょう。業務委託と言われ、個人事業主としての責任と結果を追求したい気持ちもわかります。

でも、それは利用されています。

あなたは労働者です。スキルを持った労働者です。

時間数を減らすのは事業主の責任です。

労働組合へ結集しよう

教育産業は、あまり労働組合がない業界です。そのため、悪く利用されている人がいます。

あなたが労働組合へ行くというと、「自分で結果も出せないのに」と後ろ指を指してくる人がいるでしょう。足を引っ張る人がいるでしょう。

しかし、それは違います。憲法には、労働基本権という基本的人権があります。その権利を行使するということは、憲法を正しく理解して、行動できる勇気がなくてはなりません。後ろ指を指す人は、知識を正しく身につけていないか、行動できない人です。

仲間を募り、いまこそ職場を変えましょう。それが生徒にとっても好影響を与えます。

考えてみてください。自分が学生だった頃、立派な大人が立派な行動をしているのを見たときの感動と、ろくでもない大人を見たときの失望を。

地域には、いろいろな労働組合があります。個人で入れる労働組合もあります。にいがた青年ユニオンもそうした労働組合です。

下のボタンからご相談ください。

お問い合わせ

予備校で業務委託の講師してるんですが

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします


Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。


LINE公式から相談できます。

にいがた青年ユニオン

2008年に誕生した労働組合。労働条件だけでなく、暮らしや健康問題にも強い関心を持つ。「にいがた」発祥ではあるが、どこに住んでいても、どのような働き方でも加入できる。もちろん、「青年」でなくても加入できるが、労働組合に関わってこなかった新しい感性を発揮してくれることを望んでいる。

相談する
最新情報をチェックしよう!