国民健康保険一部負担金の軽減制度

国民健康保険に加入している人は、病院窓口で払う窓口負担金を軽減できる制度があります。


生活が大変で、病院に行く負担に耐えられないような場合には積極的に利用してください。

問い合わせる

国保に加入している人は、生活が非常に苦しいときに、病院窓口で払う窓口負担金を軽減できる制度があります。 国保税(料)を軽減する制度ではなく、窓口での支払いを軽減する制度です。新潟県内ではほとんど活用されていないので、役場の担当者でもよく知らない場合があります。

窓口負担金を支払えないときに

生活保護を利用していないけれど、水準よりやや上の収入程度で生活しているときに、入院するような事態が生じると、一部負担金が支払えないときがあります。

このようなケースでは、一部負担金の軽減制度を利用すると同時に、生活保護の利用を考えてください。

大きな病院には、ソーシャルワーカーがいるので、相談してみましょう。

無料低額診療を行っている病院もある

日本赤十字、済生会など、病院によっては「無料低額診療」を行っている場合もあります。低所得者などに医療機関が無料または低額な料金で診療を行う制度です。

こうした制度は、なかなか周知されていません。万が一になってからでは、遅くなります。

生活に困らないように、困ったときにそこから抜け出せるように、私たちと一緒に活動してみませんか。私たちの生活の苦しさの生の体験から、いろいろな取組を行っています。ぜひご相談ください。

相談する

相談しよう

相談事例や最近のトピックを取り上げた記事をご覧いただけます。

ブログ

にいがた青年ユニオンをフォローする

こちらの記事もいかがですか?